HOME             ←古い日記

2013年12月24日(火)

クリスマス・イブ

今年はT画伯も博多滞在のままなので、例年のディナーはナシ。
はしゃぐ年でもないので、ひとりクスリマスは良しとしても、ご馳走は食べたいぞー。

そこで会社帰りに、きっと普段にも増して美味しいもの満載のデパ地下に寄り道してみた。

まぁ〜あるわあるわ。
真っ赤なリボンをかけられた鶏もも肉のグリルやら、豪華お惣菜、ケーキ、パーティ寿司、目移りしてしまうくらいに、あちこちで呼び込みと行列が・・・。
迷ったあげくのチョイス。
スペイン風の小皿料理、
ピンチョスの盛り合わせ。

売り切りたいので2割引になっていた♪ 2千円をちょっとオーバーする位かな。

1月に行ったスペインを懐かしく思い出しながら、ワインと共に。目にも鮮やかな色と味を楽しむ。


食後はいちごのショートケーキとチョコケーキ。お祝いですからなぁ(笑)

2013年12月13日(金)

このために有休取って 行ってきた〜。

久しぶり〜の神戸ルミナリエ ♪

ずいぶん前に一回だけT画伯と一緒に行ったことがあったきり・・・。
以来この時期になるとすごく行きたくなって、でもなんとなくきっかけがなくて、いつもそのままになってた。




わたしは花火やイルミネーションが大好きだけどT画伯はそれほどでもなさそうで、一人で行くのもなんだかなぁ。でも広島から神戸へとなると、気軽に友達誘っていけるほどじゃないし。
毎年そんな気持ちのままシーズンが終わってた。

でも!今年はそうじゃないぞー。絶対行くって決めよう!!って事で、思い切って行動したのだった。はい、一人ですっ(笑)


周りはカップル&家族連れだったけど、みーんなキラキラのイルミネーション見てるから、誰もわたしが一人だなんて事気にもしてないし。

金曜の夜、点灯時間あたりが一番混むよって聞いてたから、そこを避けて日がとっぷり暮れた7時半くらいに元町駅へ到着。 i-pod で音楽聴きながら会場までの一歩通行を人ごみにあわせて、ぞろぞろ歩いて期待が高まったところでパッとキラキライルミネーションが目に飛び込んでくる。

わぁぁぁ、きれいキレイ綺麗〜〜〜っ!!!

何年分もの来れなかった欲求不満が、目の前の輝きであっという間にすっきり解消した瞬間♪
来て良かったー。

アーケードの最終地点は東遊園地という会場で、広場の周りにお城のようなイルミネーションパネルが設置されている。

期間中は神戸市役所の展望階が無料開放されていると聞いていたので、わたしも登ってみることに。

そこから東遊園地を眺めたところ。

この下ではたくさんの人が顔を輝かせて灯りを眺めているのだ、さっきのわたしみたいに。

阪神大震災の鎮魂のイベントでもある、神戸ルミナリエ。
平和でこのイベントを繋げていけたら、そしてまた見にいけたらと思う。

イベント会場から三宮駅への戻り道、スマホで明石焼のお店を検索。

駅からすぐの「たこ庵」さんに。
ふわっふわで美味しかった。

行きは高速バスだったけど、帰りは新幹線で新神戸から広島へ一時間半。

日帰りのプチ旅でキラキラパワーの充電しっかり出来たかな。

2013年12月8日(日)

T画伯は朝早い新幹線で博多へ。今日も仕事ということで、本当に激務な日々みたい。

さて見送ったわたしは、今日は人生初、アーユルヴェーダ初体験の日。
例によって安価な体験メニューをグルーポンで購入したのだ。

アーユルヴェーダに憧れはあったものの、一般的にお値段は高く敷居が高かった。
今回のメニューは「シロダーラ」というもので、これは眉間にある「第3の目」といわれる部分に温めたアロマオイルを30分流し続けるというもの。

施術着に着替えてベッドに上向けに横たわる。部屋の中ほの暗くヒーリングミュージックがかかっている。
ベッドは体が冷えないように台全体が温かく温度管理されているので、すぐに心地よさが全身を包む感じ。

スタートは頭・顔・肩までのアロマオイルマッサージから。担当のお姉さまの力具合も丁度良くて、半分眠っているような夢見心地の時間。このマッサージを20分くらいもしてもらっただろうか。。。
このあといよいよシロダーラ本番、アロマオイルの投下スタート。

お姉さんも退室し、一人リラックスして更に気持ちよく・・・・・・・のはずだったんだけど。

オイルをたらすために頭の位置を動かすことになって、今まで枕だったところがシンクのような硬いものになったようだ(仰向けなので自分では見えない)。当然頭の下にはクッションが挟まれたのだけれど、これがとても薄いのか、微妙にずれてしまっていたのか、時間が経つとともにどんどん違和感が増してくる。

はっきりと苦痛なのだったら申告していたのだけれど、ホントに微妙な感じだったので、わざわざ人を呼んで訴えるほどのことでもないかなと思いつつ、流れ落ちるアロマオイルだけに集中できなかったのが残念〜。

全体を見ると 3200円でこのメニューを体験できたのはやっぱり嬉しい。

ちょびっとの残念はさっさと忘れて、このままハッピーオーラに包まれて過ごそう!

というわけで、次はフルーツ専門の八丁堀カフェ「タマル」でティータイム。
 
フレッシュフルーツと生クリーム&ヨーグルトが満載のクレープとコーヒーのセットをいただく。

お皿の上はこんなに華やか〜。
これを一人でたいらげようというのだけれど、目の前にしてカロリーのことは一切考えまい。今はただただ喜びにひたるべし♪ 美味しい〜。

今日は、まだまだ幸せなイベントが続く。
はいっ、次ね♪

広島県立美術館の「シャガール展」
絵画だけでなく、教会のステンドグラスやオペラ座の天井画など、空間の光と影の部分に彼の色彩が映えること。すっかり魅了されて、久しぶりに美術展にてポストカードを購入してしまったのだった。

2013年12月7日(土)

やっとつかの間の休日が取れて、T画伯が広島に帰って来た昨日。
ずっと坂本さんに会いたくて、やっと久しぶりのご対面が叶うのだ。

最終の新幹線で広島についたT画伯は、これも久しぶりの飲み仲間に連絡していたようで、その足で飲みに出かけてしまった。

わたしも会社の忘年会があったので、昨日は飲んでいた。
しかし、23時半頃には帰っていたので、何時になるかわからないT画伯を待たずに眠ってしまった。

酔いと寝不足であっというまに爆睡モード。
Zzzz・・・・・・・

!?


なんだ、今の?かすかに何か鳴った?
まず、猫たちが布団から飛び出した。

完全に寝ボケていたわたし、数秒後にやっと携帯を手に取る。
あ、電話履歴ある?

あ、ひょっとして玄関ピンポンなった???

あ、メール入ってる。えーーー?家のカギ忘れたってぇ〜?

あーーー、T画伯帰ってきたけど家に入れないんやねーー! やっと気づく(笑)

慌てて起き上がり、よろめきながら階段を降り、ヨロヨロでドアをあける。なぜか寝ている間に胃が痛みだしていたわたし、そのままトイレへ。

久しぶりのご対面もこんな間抜けな感じで、ったく。。。二人とも(笑)

何分待ってたのか知らないけれど、ドアが開いたT画伯は猫の坂本さんを撫でまわすのに忙しく、もふもふ感に浸って幸せそうだった。

今日の夜はT画伯のリクエストで、家からも近い焼き鳥やさんで飲むことにした。串は一本ずつから焼いてくれるので、自分が食べたいものをオーダーすればいい。

博多でも焼き鳥を食べることはあるけれど、ここの店の味は全然博多に負けてないらしい。
写真は一品料理「牛すじの煮込み」。この味とコスパも最高です!

 HOME             ←古い日記