nikki_2012_04.htm
 HOME                 ←古い日記        新しい日記→        

2012年3月31日(土)

前の買出しか2週間が経ち、家のみかんは順調に平らげられていた。
もうこの冬は食べ納めだったかなと思っていた矢先、生活圏内の業務用スーパー店頭であの高級フルーツを見つけてしまった。
「せとか一箱1,380円!」
そんなに安いなんてホント??そのコーナーに思わず吸い寄せられるT画伯とわたし…。


見本に開けてあった箱をのぞいてみると、粒が大きくて皮がはちきれそうなこのみかんは確かに「せとか」だった。
見本以外の残りはあと一箱。即決で買いでしょーー(やったーー♪)

帰って箱を開けるとまたぞろぞろと検閲官がおでましになった(笑)。

柚子さん、この品質なら合格でしょー。
しばらくはデザートにみかんのある幸せな生活だー。

2012年3月23日(金)

T画伯と仕事帰りにわざわざ街中に出て食事するのは久しぶりだった。
最近は家の最寄駅近くの焼き鳥屋さんとか天ぷらやさんとかをチョイスすることが多かったから…。

街中まで出ればレストランもたっぷりあって、逆に何が食べたいか迷うくらいだけど。。。
ふと本格タイ料理を長らく食べてないなぁ、、、と大好きなパクチーの味を思い出したのだった。

「サワディ レモングラス」
広島に来てすぐの頃にテレビで紹介されているのを見てランチを食べにきたお店だった。

 

右は生春巻き。
下はトムヤムクン。









そして最後はタイ風の焼き飯!

麺か米かで迷ったけど、これ美味しかったので大満足。

パクチーを食べると大好きなあの独特の香りが口いっぱいに広がって、ふぁ〜っと体から力が抜ける感じ。。。

T画伯がタイ料理食べれる人で良かった。
デザートのココナッツミルク白玉もとってもおいしゅうござました♪
 

2012年3月22日(木)

じっと見つめる9…

これ、いつの画像かなぁ。

後ろ真っ暗だけど、どうやらT画伯の実家の2階の部屋のようだ。

最近は猫たちを連れての帰省はしてないけど、9や坂本さんがまだ小さかった頃は、旅行へ行く時など、義父母に猫のお世話をお願いして出かけたりしていた。

いつもと違う知らない部屋で緊張している
たんだろうな。

9は本当に繊細な子。

仕草ではっきりと女の子ってことがわかる猫なのだ。
座り方、あくびの仕方なんかもどことなく品があっておしとやか。







砂色の9ちゃん。

リラックスしてごろん。。。の時もたまにはある。
 
いずれもちょっと若かりし頃の9。

今もお上品だけど、なにぶんお腹に脂肪がついて、、、今はお上品なオバサマ猫になっているのだった(笑)。

 

2012年3月17日(土)

山口県の周防大島まで車で出かけたのは、みかん買出しのためだった。

もう数年来、みかんを好んで食べようとしなかったT画伯だけど、今年は実家から送られてきたみかんを食べてみて(多分風邪にビタミンCがいいと思って手を出したのだろう。。。)その甘さにびっくりしていた。
みかんのイメージはもっと水っぽくてイマイチだったらしいのだ。

その時に送ってくれた品種は、「はるみ」「デコポン」「伊予柑」そして いわゆる普通の「みかん」。
どれもおいしくいただいたけど、わたしは今まで食べたことがなかった「デコポン」の味にびっくりした。見た目は皮が厚くて夏みかんみたいに酸味がキツイのかと思い込んでいたのだ。意外にも水分が多くて甘〜い。
そういやスーパーでも、見た目のわりには結構いい値段してるはずだ(笑)。

そしてT画伯のお気に入りとなったのは。普通のみかん。
みかんってこんなに美味しかったっけ?という感じで、実家から送ってもらった大量のみかんも、二人であっという間に平らげたのだった。

こんなにみかんが好きなら、シーズンが終わる前にもっともっと味わっておきたいということで、買出しとなったのだ。


橋を渡って車を走らせていると、みかん農家直営と思われる出店に大量のみかんが並んでいるのが見える。「道の駅」を目指していたけれど、みかんを目にするとすぐにでも買いたい衝動で二人とも心が動く…(笑)。

すると交通案内に「町の駅」という文字が見えた。
「道の駅」のパクリかー?そういいつつ通りすぎてしばらくしたら、今度は「味の駅」という素人の手作り風看板が目に飛び込んできた。品種を書き出したところに「せとか」の文字を見て、思わずT画伯に「ここ寄ろう、止まって止まって。」

味の駅というネーミングに半笑いになりつつ店に近づくと、中から試食みかんを持っておじさんが出てきた。早速いろいろ味見させてくれる。その中に初めて聞く「せとみ」というのがあった。「せとか」より皮が少しだけ厚いけれど甘くて水分タップリのところはホントに似ている。お値段もせとかより断然安いのでこれで充分だ。

結局この日は味の駅以外にも、道の駅、町の駅(帰りに寄ってみた)と、三つの駅を制覇して(笑)これだけのみかんを手に入れた。2千5百円くらいだったかな。「せとか」「せとみ」「デコポン」「スィートスプリング」「青島みかん」。そしてついでに、にんにく2個。

帰宅して大量のみかんを部屋に並べると
、ねこたちが集まってきて「なになに〜??」

でもすぐにみかんへの興味も薄れ、、、にんにくの臭いをくんくん匂っている柚子なのだった。

ねこ缶の方がいいのだー?。
 

2012年3月14日(水)

歯医者の日だった。
1ヶ月くらい前に歯の詰め物が取れたので通い出して、やっと今日で通院も終わるはずだったのに。。。

最後の歯周ポケットの検査でちょっと気になる点があるからと言われて、また次来てくださいといわれてしまった。
予約は取ったけど、キャンセルするか悩み中…

先生の説明もわからなくはないけど、今は痛くもなんともないしなぁ。


うーーん。

さてさて、柚子のこのポーズは別に恥ずかしいわけでも悩ましいわけでもなく。。。

寝てるだけ。
こんな狭いキャットタワーの上で、こんな格好で。






さて、次の画像はじゅうたんの上の猫たち。
毛布にくるまっていると。。。
睡魔かな。






 眠たい猫の顔って。。。

 奥の9ちゃん、目が閉じそうーー(笑)





柚子も目が細くなってきた。

こういう時、そばにいると引きこまれるようにとろんと眠くなってくる。

へっへっへー、秘密はね。
じゅうたんの下、ホットカーペットなんすよう。そんでホカホカ気持ちいいんすよう。

2012年3月11日(日)

東日本大震災、そして大津波から一年…

被災者の方々の日々からほんの少しずつでも不安が減っていき、笑顔が増えていく状況でありますように。

自分の平和な日常にあらためて感謝を。

2012年3月10日(土)

ちっちゃい体で一生懸命。。。

だったのは坂本さんも同じ。


我が家に来て間もない頃、横顔が扁平ですなぁ。
 

それにこの頃からごっつい手やねー。

そう、坂本さんも柚子祭りに便乗〜。

っていうか、うちのにゃんこ達の誕生日は多分全員3月じゃないかと思う。

みんなまとめて祭りだーー♪

2012年3月10日(土)

ちっちゃい体で一生懸命。。。

キャットタワーにくらいつく柚子。


今ではてっぺんに登るのにも、ぴょーんと2蹴りくらいで軽々飛び上がっていくのにねぇ。


 

こんな画像を見てるだけで、柚子の頑張りを応援したくなってくる。




 

2012年3月9日(金)

ごはん中の柚子。

坂本さんや9がそばにいないのは、きっとまだ警戒警報発令中だったのだろう…。

2匹と1匹はお互いに慣れるまでずいぶんと時間がかかったんだっけ。

先輩猫の警戒にたいして、柚子の方は飄々としていたけどね。

この頃の柚子のまだ細いこと!

2012年3月8日(木)


こんな胸キュンの柚子。。。

可愛すぎる〜。

一昨年はたっぷりと、


子猫の柚子との蜜月を味わわせて

もらったんだなぁ。





 

2012年3月5日(月)

みなさーーん。
3月はあたし、柚子の誕生月にゃー♪

んなわけでぇぇ、、、
柚子祭り始まる(かも)よーーーーー!!!


かもなのよーーー!!

お母ちゃんのお仕事の進み具合でねーー。
気が向いたら柚子の子猫時代の画像とかアップしようかと思ってるみたいなん。

お母ちゃんは柚子たちにねこ缶とカリカリを買うためにお仕事頑張ってんのよねー。

日記ちょっとサボり気味なんワ、脳みそお休みしたいんだってー(5%くらいしか使ってないのに?(笑))

期待しにゃいで待っててちょう。

 

2012年3月3日(土)

ちょこっと去年を振り返って…。


12月24日、京都へ行った時に参拝した平安神宮。

世界的にも有名なこの神社の広〜い境内に人の姿がほとんど見えない風景を実際に目にできるなんてとってもラッキー♪ 
午前8時すぎでそんなに早朝でもないのだけど…

遠めに見える朱色の本殿が神々しい。

正面の大鳥居もこの通り、どどーーん!

下は参拝帰りに境内から入り口の門を見たところ。
立派ですなぁ。普段はここも参拝者でいっぱいなんだ
けど、 今は静かなこの門構え…。

今回の京都の目的は京都歴史博物館で開催されている日本画家、森田晴樹先生の個展を見るためだった。

せっかく広島から京都へ行くのだからちょっと旅気分を味わいたいということで前の日に行って一泊することにした。
一人でホテルに泊まるなんて大人やし〜(笑)

会社が終わってそのまま新幹線乗り場へ…。
定時で帰るつもりがちょっとした残業で一時間くらい遅くなってしまった。残業しながらも気持ちは焦る…。

やっと広島駅の新幹線改札にたどりつくと、なにやら慌しいムードだ。不安げにたむろする人々…。
どうやらどこかで人身事故があって列車はストップ。ダイヤが大幅に乱れているというのだった。うーむ、いつもなら絶対に指定席を買っているのに、今回に限って自由席にしていたわたしって超ーツイテルんじゃない???
しかも残業になってたおかげで駅で待ちぼうけにならなくて済んだし、どうやら新幹線も遅れながらも運行再開になったようだし!!難関の座席確保も、あきらめずにずーっと後ろの車両まで歩いたら空席を発見できた。

京都駅から地下鉄に乗り換えてホテルへついたら夜の11時近くになっていた。個展には学生時代の同級生である友人のY子ちゃんと待ち合わせして行くことになっているので、その時間までどうして過ごすか考えるのも楽しみだった。
そしてあれこれ迷った挙句、ホテルからバス一本で行ける平安神宮に決めたのだった。

朝から清々しい気分に浸ったあと、午前中には個展会場へ。
こちらが京都歴史博物館の建物。

居並ぶ作品も、会場の大きさに比例してかなりの大きさだ。
先生の美しい作品を見ていただきたいけど、写真撮影はNGだしなぁ。。。(気になる方は「森田晴樹 日本画」とかでネット検索してみてね)
静かだけどすごい存在感なのだ。そして美しい…。

作品を見せてもらったあとは豆腐料理のランチをゆっくり食べながら久々の友人とおしゃべり♪
その後は一緒に四条から歩いて「高台寺」へ。

ねねのお寺として有名らしいいけれど歴史オンチのわたしは大河ドラマで知ったのだった。これまでは四条といえば八坂神社くらいしか思いつかなかったし。

















高台寺に続く道は京都らしい風情のある小道だった。
寒い寒い冬の日だったけど、帰り道は舞妓さんも見れた。帰りは八坂神社の境内を通り抜け。

大阪に住んでいた頃から、京都はいつも近くて遠い場所。
独特の京都の雰囲気にふたたびふれた昨年末のこと…。

 HOME                 ←古い日記        新しい日記→