HOME                ←古い日記    新しい日記→

2012年2月26日(日)

土曜日からT画伯の妹夫妻の新築の家にお泊りさせてもらった。

数日の間モデルハウスにする条件だったらしくデザイン的に素晴らしい。モダンなのに室内は木をふんだんに使ってぬくもりのある雰囲気になっているし、断熱性も優れていて天井が高くても暖房がよくきいていた。入居した時から窓がゆがんでいる我が家とは大違いだ(笑)。

我々が初のお泊り客とのことでお布団もまっさらで気持ちいい〜♪

夜はもつ鍋メインの宴会だった。
大量の野菜も意外とあっさりめのダシですっかりきれいに平らげて、シメのラーメンも細めんで美味し〜。

このお取り寄せもつ鍋セットは年末にT画伯の実家へ届けてみんなで食べておいしかったので、義妹のダンナさまから再度リクエストがあったもの。
いやー、お酒がすすみますなぁ。

次の日は皆揃ってフジ園芸さんの「いちごランド」でイチゴ狩り。

ハウスの中は甘い香りで一足先に春真っ盛りだ。

大粒のイチゴはしっかりした甘さで、スーパーのものとは鮮度も味も全然違う。

大満足の週末だった。

2012年2月23日(木)

ちゃんも後ろ姿で。

わたしに絶大の信頼をよせる9ちゃん。

我が家のリビングは2階にあり、猫たちは2階と3階で自由に過ごしているが、リビングから玄関に出るドアは猫の出入り禁止となっている。

わたしが1階のお風呂に入るためにそのドアから出て行くと、たまにずっと鳴いて呼んでいる声が聞えてきたりする。








 

 やっと戻ってきたらものすごい勢いでノドをゴロゴロいわせてすりすりすり〜って。
こんなに待ってましたとばかりにすり寄られたらホントに嬉しくてたまらないよ〜♪

T画伯は9だけにはあまり心を許してもらえなくて不満げなのだった。。。

2012年2月22日(水)

222(ニャンにゃんニャン)で、猫の日。

Eテレ番組「0655」でも猫の日スペシャルで、朝から愛され飼い猫たちの画像がたくさん見れた♪

うちの3匹もテレビオファーこそないけど、T画伯とわたしにはよその家の子よりは器量良しに見えるという親ばかぶり(笑)

なによりの宝物は全員健康なこと。
昼間留守にしなくてはいけない雇われの身としては、家に残していく猫たちの健康が本当にありがたいのだった。















柚子のこの、どっしり下半身!!
車好きのT画伯がこの張り出し感を「サンクターボ」と呼んで絶賛している(笑)

ピンクのおもちゃは義母からもらったキャットニップ入りねこじゃらし。やっぱり食いつきは3匹の中で一番の柚子だった。まだ遊び盛り?

2012年2月18日(土)

広島に西条というところがある。
水がきれいだからか酒蔵が集まっていて、毎年大々的に「西条酒祭り」
開催されるのでまぁ有名な土地なんである。

でも日本酒を好んでは飲まないので、一度も訪れたことがなかった。
そんな西条に今日はとある用事で行ってきたのだった。

名古屋の整体院(マッサージ)の先生が広島まで出張
施術に来られていて、わたしも受けることにしたのだけれど、場所が西条の賀茂泉酒造さんの一室とのこと。行き方を調べたら家の最寄駅から西条まで電車で一本。乗車時間も40 分弱と意外にも近かった。

目的の賀茂泉さんは駅から5〜6分。歩いて行く途中も歴史を感じさせる酒蔵がすぐそばに見えていい雰囲気だった。目的が別なのでそんなにのんびりしている気分でもなかったけど(笑)

この日予約して先生の施術を受けたのはわたしが最後だったみたいで、時間を延長して凝り固まった筋肉をグイグイほぐしてくださった。痛いのだけど筋が伸びて気持ちいい〜。
終わったらただでさえ短い冬の日はとっぷりと暮れていた。

2012年2月11日(土)

広島に住んで11年目。

冬になると「カキ祭り」のポスターをあちこちで見かける。

特にカキ好きなわけではないけど、せっかく広島に住んでるんだからこの季節ならではの旬の味を、豪快に殻つきのままがっつり味わってみたい。

。。と思い続けて11年。
 

画伯は魚介類がキライだ。特に貝の焼ける独特の匂いがダメ。
なのでカキ祭りの会場など我慢できるはずもなく。。。

いつだったか鳥取の境港に観光で行った時も「おさかなセンター」に寄ったら、車から降りてすぐ「この匂いアカン。車で待ってるから一人で行って来て」と言われたことがあった。
お土産チョイスも楽しい旅の一コマのはずが…(涙)

そんなわけもあって実は一回も焼きガキを食べに行ったことが無かった。
一緒に行く人がいなかった…(泣)。

そんな広島の冬に変化が訪れた2012年!!

画伯がこの冬、とある集まりに参加した時にカキ小屋での会食と決まったらしい。仕方なしに食べることになった焼ガキ。
行く前は「なんか冴えんのぉ…」とぼやいていたのに、夜はゴキゲンで帰ってきて、「焼ガキめっちゃうまかった。今度一緒に行こうや」って大感激のようす...。ええーーっ?

結局、食べず嫌いだったのか(笑)??


そして、
じゃーーん。

ついに今日!







広島駅
から市電に乗り換えて約35分で終点、広島港駅に着く。その目の前の公園内にカキ小屋が建てられていた。

夕方
4時半頃、まだ外は明るかったけど一緒に行ったT画伯の友人家族も一緒に「乾杯〜」でカキ祭りスタート(笑)。


お店のシステムは、コンクリートで囲った炭火のある席を与えられ、販売コーナーに行って食べたい品を買い、自分で焼いて、食べる、の超シンプル。ドリンクは自動販売機にあるものを購入。持込は禁止。

殻つきカキは1キロ千円。他にもあわび、イカ、ホタテ、さざえ、穴子、海老、たこなど、魚介類はいろいろ。ソーセージ、じゃがバター、焼き野菜なんかもあった。

カキの平らな方を下に網にのせてまず3分、ひっくりかえして約3分。

貝の隙間から汁がぶくぶく出てきたらナイフで殻をあける。





焼くのは全部T画伯がやってくれた。
あんなに貝を嫌ってたのに、なんて手際いいんだろう(笑)

とにかく食べて缶ビール飲んでればよくて、わたしはおいしくて楽ちんだぁ。
イカも一枚500円で購入し、ハサミを貸してくれるので自分で好きな大きさに切って焼くだけ。やわらかくておいしかったーー。

ワイワイ食べてる間に日も傾き、ミルキー鉄男にも哀愁がただよう頃、いつのまにかカキ小屋は満員で人と煙であふれかえっていた。

T画伯はまたも「美味しいやろ。安いしなぁ…」と大感激の様子。

それが不思議だけど、ま、いいか(笑)。

美味しかったしね。

2012年2月9日(木)

2月に入って、派遣先ではまたもや残業禁止となった。

そんなわけで、最近はまたT画伯と一緒に晩ご飯を食べることができるようになった。

平日からたこ焼きしたりして(笑)

見た目はちょっと固そうに映ってるけど外はカリカリで中はふわぁっ。ホンッと美味しーー。

 HOME                 ←古い日記    新しい日記→