HOME                 ←古い日記         新しい日記→

2011年10月23日(日)

ここからは長崎バイオパークで出会った可愛い動物たち。ここにはライオン、トラなどの猛獣はいなくて、カピバラやかわうそ、アルパカ、リスザルなど人気の草食癒し系動物とふれあえるのが特色の動物園だ。

今回のわたしの一番お気に入りは左のこの子。
さすがにレッサーパンダとは直接触れ合えなくて、手が届かないように堀をはさんで向こうのエリアにいたのだけれど、やおら木に登りだし、上りきったところでこちらをみてペロっと舌を出したこのポーズ。
可愛いすぎるーーー。

新しいデジカメで良かった〜。結構な望遠にしてもキレイに撮れていたので嬉しい♪














左は食事中のカピバラさん。
4コママンガで人気が出たよね。

イメージと違って意外にも活発だったし、体も想像より大きかった。
この画像の子は子供サイズ。大人は1.5倍くらい、まだ大きかった。

そぉっと触ってみると、毛はゴワゴワしてて手触りは良くはないなぁ。
このパークの一番の売りなのか結構な頭数がいて、エリア内を自由にウロウロしていた。

あらいぐまエリアはガラスで仕切られていて、エサやりはこのガラスのすきまから投入したのを食べるようになっていた。木登りなどして遊んでいた群れの一匹がわたしに気づいてエサをおねだりのこの顔!

まだエサを購入していなかったので、この顔に負けて仕方なく百円をエサ自動販売機に投入した。ハンドルをガチャガチャ回しても一向にカプセルが落ちてくる気配がないし、返金バーもまったくきかない。えー?故障なの〜と周りを見ても係員もいない。
ふと後ろを振り向くと、あちゃーーすごい期待顔のアライグマが集合してきていた。
は、はやくエサをあげないと彼らもストレス溜まるよねぇ。

仕方なく、隣の自動販売機にまた百円を入れて、今度は無事にエサカプセルゲット。
あきらめ悪くもう一度故障?の販売機を見ると、出口付近で落ちたカプセルが引っかかっていただけだった。エサ2個ゲット〜(嬉しくないけど…)。ちょうどすぐ後に来た親子連れに一つ渡して一緒にエサやりしてもらうことに。

ガラスの向こうはエライ騒ぎになっていた〜。
なるべくまんべん無く行き渡るように投入したけど、やはり素早い子とどんくさい子が…。しかもエサをゲットした子も再びおねだり…。

でもよく見ると食べた子は口をモグモグさせてる。隣のガラスからエサやりしてた小学生姉妹もめざとく気づいて「口を動かしてる子はもう食べてるから違う子にあげて。」と声をかけあっていた。ナイス♪


次はフラミンゴのエサやり。色が鮮やかでおねだりも一見上品に見えるけど実は!?

 ↓↓モルモット。背中が柚子みたいな模様やね〜(笑)










そしてこちらもテレビで人気を獲得したカワウソ。
ちっちゃいけど結構恐い顔してますなぁ。

 ↓↓触られるのが結構好きと書いてあったのでなでなで。
   カピバラさんより手触りグッド(笑)。











そしてもっとふわっふわだったのがリスザルたち。
ちょうどエサやりしてる人がいたので、わたしも台に近づくと突然横からぱっと肩に飛び乗ってきた。一瞬のことで驚いているともう一方の肩にも別の子が…。体重は軽いし、ほっぺたにふわふわの毛があたってこそばゆい感じ。
嬉しいけど、あんまりのんびりしてる時間はないのよ〜。わたし一人だけずい分遅れをとっていたから。
でもエサを持っていないことがわかるとすぐに台に戻っていった。ゲンキンなやつらだ(笑)。















園内には洋ランドームもあって、めずらしいランの花が沢山。

他にもアマゾン川に生息する珍しい魚とか、飛ばしてみてないけど昆虫館とか、いっぱい生き物がいて敷地も本当に広かった!

わたし達は九州から本州へと遠距離を帰らないといけないのであまり時間は取れなかったけど見ごたえ充分で楽しかった〜。

さて次は最後のお楽しみ、佐世保でランチタイムなのだー。

約1時間のドライブで街中に着いてみると、ちょうど「YOSAKOI佐世保祭り」当日で、商店街は大にぎわい。元気な踊り手たちがパレードしていた。

入ったのはレトロな雰囲気の「白十字パーラー」。お目当てのトルコライスは残念ながらメニューからはずれていて無かったけれど、人気の洋食店だけあってハンバーグもオムライスも美味しかった。







そしてどうしても食べたくて持ち帰ってまでも食べることになった佐世保バーガー。全部で6個を電話注文しておいて取りに行った。バーガーを抱えてお店を出たわたし。両手がずっしりと重かった(笑)

広島まで無事に帰ってきてから晩ご飯に食べたのだけれど、レンジで温めると結構良い感じ。T画伯チョイスは「ミサロッソ」というお店で一番でかい、「ミサモンスタージャンボ」。ソースも美味しくてぺろりと平らげていた。でもさすがにこれ一個でお腹いっぱいだったようだ。(長崎の日記はこれにておしまい)

2011年10月22日(土)

楽しみにしていた長崎旅行は降水確率が高くて気がかりだったけど、まずは関門海峡でこの晴れ間♪
海原にくっきりと橋の影が映り、強風で波がキラキラと光っている。
素晴らしい眺めだった。


今回は義父母とわたし達夫婦の4人で以前に行った長崎リターンズ。
港で食べた佐世保ハーガーの超ドデカサイズにびっくりし、ホテルの部屋から見た稲佐山の夜景が忘れられなくてどうしてもまた行きたくなったのだった。

一日目のランチは佐賀で寄り道して佐賀牛の有名店「季楽(キラ)本店」で超贅沢ランチタイム。
画像は「せいろ蒸し」。野菜の上に極上肉を載せてせいろのフタをして蒸す。左二枚が佐賀牛で、右は佐賀産の赤身肉。蒸しあがったお肉と旨みがしみた野菜がめちゃくちゃ美味しーー。

もちろんお値段の方も佐賀牛のせいろ蒸しセットは一人前7,980円となかなかに立派なお値段〜!わたし達二人だと昼からこんな贅沢はないけどそこは今回太っ腹な義父母のおかげなのだった。


それにしてもこのお店、ランチタイムは待合部屋が一杯になるほどの人気店だった。良質のお肉を比較的安価で提供していて、他にもランチメニューは豊富。道中で予約電話を入れた時も「予約はもう一杯なので、来店後先着順となります」と言われていたのだった。結局20分くらい待ったけれど個室のお座敷に通してもらえたのはお昼から贅沢にせいろ蒸しを頼んだからかも。

次に向かったのはお茶が有名だという嬉野市。
今回は全て義父が観光や立ち寄り先をネットで調べて計画を立ててくれていたのだった。
お茶好きな義父母はお茶ちゃ村で自宅用に緑茶を購入。
わたしは抹茶アイスめざしてまっしぐら(笑)。

やっぱり甘いものは別腹なのだ〜。
茶積み娘から、ハイどうぞ。左のソフトが大きく見えるのは遠近法なのであって、特大サイズではないよ(笑)。

そして早めにホテルでゆっくりする計画だったので、一路「長崎ホテル清風」を目指す。
街中からすぐに道路の傾斜が急になってどんどん景色が見晴らせる高さへと上っていくと、長崎港が一望できるホテルへ到着した。さらにその10階、極上の眺めの部屋を予約してくれていたのだった♪















お風呂にものんびり入って、窓の外がすっかり夜景へと変わった頃。その夜景を部屋から眺めながら長崎名物の卓袱料理をいただいた。










口へ運ぶまでどんな味がするのかわからないような、異国情緒にあふれた料理の数々…。中央の黒光りしたものは豚の角煮と甘辛く味つけしたおこわを合わせた「スイートン(豚)」。この後も皿うどんや豚の角煮、ぜんざいなどが出てきてもう満腹〜。さすがに4人とも昔ほど入らなくなったのかも…。食前のビールもかなり効いてた(汗)。

夜は女子用となった露天風呂からの夜景をたっぷり楽しめた。外気にあたっているとのぼせないので、露天風呂に入るとついつい長風呂してしまう。夜空は雲も切れてこれなら明日のお天気も心配なさそう。


日の出の眺めも素晴らしく、多少の雲はあるものの晴れの一日となりそうだ。
(続く)

2011年10月15日(土)

長年愛用していたトースター(結婚前からわたしが使っていたので、ざっと15年くらいかな?)がついに壊れてしまい、トーストするのに4倍くらい時間がかかるので新しいのを買うことにした。

T画伯と一緒に家電店に行くのは久しぶりだった。
トースターは一番安かった1,980円に即決。ついでに前のデジカメが壊れたので一応どんな機種があるか見てみようと思ってカメラのフロアへ。
以前よりもますます性能アップなのに価格はダウン。
日進月歩なんだなぁ。ヘタに修理に出すとめちゃくちゃ高かったりするし。
結局見るだけに終わらず欲しくなってしまうのだった。もうすぐ旅行が控えてるしね…。

T画伯がカードで支払ってくれて手に入れたのはソニーのサイバーショット。1610万画素なので、前持っていた500万画素よりはるかに鮮明に撮れる。
ここに載せるには結局縮小してしまうので効果はわからないけど(笑)。

8歳になった9ちゃん。人間に換算すると約50歳くらいかな。だけどまだまだアップに耐えられる美人猫だと思うのは親ばかなのかしらねぇ。また猫たちの画像もガンガン撮るぞ〜!

2011年10月1日(土)

気持ちよく晴れた土曜日、わたしにとって半年以上ぶりの本コースとなる和歌山カントリークラブ。

この日、T画伯とわたしは姉夫婦と4人でゴルフラウンドを楽しんだのだった。


上手く当たればプロ並みに飛ぶT画伯はドライバーで一回だけ奇跡のミラクルショットが出て300ヤード近く飛ばした。

…けど、その分OBになるリスクも大きく、結局スコアはわたしとどっこいどっこい(笑)。

わたしはいつもよりはティーショットも真っ直ぐに飛んでくれて、数を数えるのもさほど苦じゃないくらい…ということはヘタなんだけどそれでも気分良くまわることができた。
それほど風が爽やかで気持ちの良い一日だった。

 HOME                 ←古い日記         新しい日記→