HOME                 ←古い日記        新しい日記→

2011年7月29日(金)

朝一番、柚子のワクチン接種に行ってきた。

9時に予約を入れていたので、余裕で家を出ようと思っていたのにまたしても時計が8時50分を指しているのを見て焦った。柚子をキャリーケースに入れてダッシュ。ちょうど柚子が近くをウロウロしていたから助かった。あっという間につかまえることが出来た。
こんなところは必死の抵抗を見せる9とは違う(笑)。

行きつけの動物病院は家から車で5分、なんとかギリギリ9時に病院の受付に着いた。

やはり内弁慶の柚子はガクブル。

まず体重の測定から。計器はなんと、4.00kgジャストを表示。先生も驚いていた。「ピッタリ4キロ、大きくなりましたね〜。」うーむ、ピタリ賞をもらいたいくらいだ。
前回は9が4.44kgだったしね。

あとは体温と検便とワクチン。結構早く終わったけれど、柚子にしては長い時間だったかも。
さぁこれで一安心。次は一年後まで大丈夫だからね、柚子。

2011年7月28日(木)

坂本さんの背中の毛が変な様子に見えるのは決して皮膚病なんかではない。

実はこの夏も毛を刈られてしまって、なんともオマヌケな姿になっているのだった。

前みたいに最初にわたしがハサミで短くしておいて、その後T画伯がバリカンで仕上げることになっていたので、まずは昼間にカットから。

ハサミの感触が嫌なのか、坂本さんは毛をピクピクさせて居心地悪い様子…なので、切りやすい背中をざっくり虎刈りにした段階でやめることにした。

それから夜に帰ったT画伯がバリカンをスタートさせると、しばらくは「?」な感じで大人しかった坂本さんも、途中で「ヤバイ、はげになる」と思い始めたのか、機会を見て逃げようとする。でも波に乗って楽しくなってきたのかT画伯は休憩を挟んでは「もつ〜、そろそろ次やるよー。」とうまくおびきよせる。この繰り返し…。
とうとう背中だけ禿げになった坂本さんを解放してあげることにした。

その後の坂本さん、とくに「オレの毛」に愛着もなくさびしそうでも無いのでよしとしよう。ちゃんと舐めてお手入れできるようにまだタップリ毛は残っているしね(笑)。

画像の坂本さんの左手、くにゅっと曲がって猫らしくて可愛い〜。でもちょっと寂しげ?

前に刈った時も思ったけれど、猫の体を覆っている下毛、短いけどびっしりとビロードのような手触りなのだ。そして体温は「熱い〜」。猫の体温って人間より2度くらい高いんだった。この夏も3匹とも元気で乗り切ってくれますように!

2011年7月24日(日)

家でたこ焼きは久しぶり。

わたしは会社のある日で、定時退社日ではなかったけれど定時で帰ることにした。
世間は週末だしね〜。

家に居たT画伯と近所のスーパーで落ち合うことにして一緒に晩ご飯を考える。
ゆでダコが安いのを見つけたのはT画伯。

スーパーの買い物では割引品に敏感なのだった(笑)。たこ焼き粉、紅しょうが、キムチを買って、後は家にある溶けるチーズ、青ネギ、残り物のキャベツなどが使えるし。

今回は最初の焼きあがりからいい感じに仕上がった。このたこ焼き器は電熱式ですごく簡単。

夏にたこ焼き、なかなかイケル♪

2011年7月23日(土)





















肉球アッ〜プ♪
もちろん三毛仕様は柚子でございます。ピンクのぷにぷに〜。

木金が休みで土日は仕事。なんだか曜日の感覚が無くなってきた。

今日は毎年必ず見に行ってた宇品花火大会の日だった。でも今年は行かなかった。

去年の花火の日、いつものように対岸から見ようとしたら警察官の巡回で堤防に上がるのが禁止だという。そこは毎年大勢の見物人が堤防に座ってんのんびり花火を見ることのできる穴場スポットだったのだ。例年だと警察官も気をつけなさいよと注意するだけで、禁止とは言わなかったのに…。仕方なく堤防の手前の道に立って見るしかなかった。時間が迫るとどんどん人が増えてきて、後から来た人も平気で人の前に立つ。暑いし立ちっぱなしでとっても疲れたのだった。

今年はもういいかなぁ、、、1週間の仕事が始まったばかりで感覚は月曜日だし。

そんなわけで家で花火の音だけ聞いてたら、花火などどうでもいいT画伯が花火に行けなかったわたしをちょっと心配してくれた。実家の方である花火大会に付き合ってくれるらしい。それを楽しみにしよっと。

2011年7月22日(金)その2

とろ〜ん、な柚子。

そういえば動物病院からワクチンのお知らせが来ていたなぁ。来週あたり予約を入れないと。

派遣先が夏の3ヶ月間、休日を木・金にシフトしたので今日なんかは金曜日だけどお休みだ。土日と違ってやはりご近所も静かな気がする。

病院とか銀行とかは行きやすくなったので、柚子のワクチンも来週電話すればあっさり予約取れるだろう。

なーんにも知らない柚子。病院は不妊治療の抜糸以来行ってないから、やっぱり怖がるかなぁ…。今は夢の中でうとうと。

今日は風が心地良くて気温も低め、お昼寝の柚子の上もさらさら風が通り抜けていく。
幸せそうな猫の顔。いいもんだなぁ…。

2011年7月22日(金)

ずいぶん日記をサボってしまった(汗)
特に忙しすぎたわけではないけれど、これといってトピックスも無く…

あいかわらず外の睡蓮鉢で誕生したメダカの赤ちゃんを見つけてはすくい、日陰の多いバケツに移す日々が続いていた。季節の変わり目には室内水槽の大人メダカのうち5匹くらいが死んで、その中にはポップアイという病気になりながらも元気にご飯を食べて頑張っていた「ブチコ」も入ってる。結局薬液に隔離しても眼が飛び出たままだったので元の水槽に戻してみたら、ものすごく元気で泳ぎ回っていた。飛び出た眼が水槽の壁にぶち当たっても元気だった(笑)。

それなのに。。。どの子も弱る気配がないまま、朝のエサやりの時にはお亡くなりになっているパターン。真夏や真冬にはほとんど死なないのだから、恐るべし季節の変わり目…。
まぁ、わたしやT画伯、うちの猫どもは相変わらず適当にのらりくらりと乗り切った感じだけど(笑)

さて突然だけど、カマンベールチーズうまい〜。

ちょいさかのぼって15日金曜日、女友達と居酒屋で飲みだった。
「咲か蔵 袋町公園店」わりと本格的なお寿司や串メニューもあるのであれこれ食べたい人にはお勧め。前に一度行ってまた行きたかったからわたしのチョイスでお店を決定したのだった。

求職活動中だった彼女が無事就職叶ってそのお祝い的な感じで行ったのだけど、う〜ん…。
彼女も長い就活だったから決まって嬉しいのは当然なのだけど、入社約一ヶ月、入った会社の体質が旧体制すぎて唖然としていた。

彼女に仕事を引き継ぐのは25年仕切ってきた、事務所に一人きりの女子社員。そろそろ定年なので引退ということみたいだけど、この人とそもそも合わないらしい。ITなどにも疎いようで、友達が控えめに提案すると、「わたしはこれで今までやってきたから。」と取り合ってくれないし、「画面の字が小さくて見えない」「あなたはパソコンとか詳しいだろうから好きにやってみたら」とか、投げやりな態度になるのだそうだ。全員でも5人程度の事務所…、たった一人でも苦手な人がいるとキツイよねぇ。 ホントに大変だと思う。
こんな愚痴を言う人だったろうかと驚くほど、会社への不満が溜まりに溜まっていた様子。
お料理の味、ちゃんと味わえたかなぁ…。

締めにいただいたデザートは「ほうじ茶のブリュレ」
ほんのりとお茶の香りもして、おいしゅうございました〜♪

 

 HOME                  ←古い日記        新しい日記→