HOME                 ←古い日記         新しい日記→

2010年12月24日(金)

クリスマスイブだからって西洋風のディナーとは限らない(笑)。今年はちょっと趣向を変えて居酒屋「土間土間」で開催となった。

少し前に料理バラエティ番組「かえれまテン」で取り上げられていた「土間土間」のメニューがどれも結構美味しそうに見えて、一度行って見たいね〜と話していたところだった。

実はT画伯が魚介類を好まない(というか嫌い)ので、毎年のイタリアンディナーでも各店が力を入れているクリスマス特別ディナーなどは注文できず、単品オーダーで対応してもらっていた。そうでないと例えばムール貝だの高級エビだの渡り蟹などが全てわたしのノルマになってしまい、せっかくのご馳走も量が多すぎてゲンナリしてしまうし、T画伯の方は食べるものがないと不服顔になってしまう…。実は披露宴などに二人で招かれると 提供される食事が豪華でも、よくこういう事態になってしまうことがあったのだ。
(最近は主催側の丁寧な応対にて、料理の好みをあらかじめ尋ねてくれることが多いのでそうでもないけれど)

そしてなんといっても居酒屋は庶民の味。二人揃ってどちらかというと高級料理よりいろいろ数多く食べることができる居酒屋メニューの方が好きだから、クリスマスだからといっても居酒屋でいいだろうってことになった。家計にも優しいし♪

ぎりぎりで予約も取れて、当日店内に入ってみると広い店内はやっぱりカップルが多かった。
そして忙しいにもかかわらず店員さんの対応が素早くてどの人も感じ良かったのが印象的。TVで紹介された人気メニューや他にもいくつか食べてみたけどお値段とみあわせても満足のいく内容。
ただ「ごほうび塩ブリュレ」だけはしょっぱすぎたけど、T画伯曰く「何のごほうび?」確かに…(--;)

2010年12月21日(火)





















坂本さん、9、柚子の画像を並べてみた。
普段仏頂面の坂本さんも、オメメぱっちりで可愛い顔〜。

この坂本さん、今年11月の予防注射では暴れなかった!ここ何年かいつも注射の検温時にはわたしと看護師さん2人で押さえていても、ものすご〜い怪力で(こんな力どこにあるの!?ってくらい)身をよじって嫌がる、唸るので本当に大変だったのに。
柚子の血液検査で一緒に連れて行ってたから、お兄ちゃんとして余裕のあるところを見せたのか(笑)。
この頃時折、坂本さんが近づいてきた柚子を舐めてあげている様子。
バトルもするけど、案外気が合う2匹なのかも〜♪

2010年12月19日(日)




    柚子のぺろんっ

    ぺろんっ

    可愛い〜。










     柚子のべっろんっ。

     なんかたくらんで?



 

2010年12月18日(土)



クリスマス気分はやっぱりイルミネーションで盛り上がる〜♪

久しぶりに前の職場の同僚だった3人で集まって街中でランチしたあと、庄原の備北丘陵公園のイルミネーションを見に行くことになった。なんでもTV番組の全国イルミネーションランキングで広島のドリミネーションとこの備北丘陵公園が6位までにランキングしていたというのだ。それを聞くと見たくなる〜。

庄原は広島市内から車で片道2時間半くらい(高速道路を使わない場合)。結構な距離だけど、そこはまぁ久しぶりに会った面々なので、おしゃべりしてればあっという間(笑)。
夕方の4時半頃に到着したときは、まだ明るくて点灯前だった。

園内は結構な人でにぎわっていた。屋台がたくさん出て並ぶ人、食べる人。焚き火を囲んで日が落ちるのを待つ人、人…。みなイルミネーション点灯を待っているのだ。

案内に書かれていた「ブルーベリーぜんざい」が気になっていたわたし達は、古民家風建物の中に入ってさっそく注文。お餅も紫色でブルーベリーが練りこんである。小豆にまじって果実も入っていた! 甘酸っぱくてまぁまぁのお味。

食べてまたおしゃべりして、、、古民家の外に出てみたら既にイルミネーションがきらめいていた!


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2010年12月17日(金)

3段ねこベッド〜!?

といっても眠りこけているのは一番下の坂本さんと2段目の柚子だけ。
9の目はしっかり開いていて、わざと乗っかっているのかも…?(笑)

最初、坂本さんがソファで丸まって寝ていたので手近にあったT画伯の寝袋をそっとかけてあげた。しばらくして、あれ?柚子が見えないなぁ…さっきまで居たのに、と思ったら坂本さんの上にかけた寝袋の中にすっぽり入って、この時点で2段になっているのを発見。

でも坂本さんの内臓の真上ではないし、柚子はまだ小さいから放っておいても大丈夫だろう。
猫はよく重なるからなぁ…、と微笑ましく思っていたら…

いつの間にか9まで、さらにその上に乗っかっていた!!
こりゃ〜激写しかない。ってことでちょこっと寝袋をめくって3匹が見えるようにパチリ。坂本さんは顔がもぐりこんでいたので背中しか見えてないけど。

撮影後はさすがにすぐに9をどかせて坂本さんを救出したから、全国の坂本さんファンのみなさま、ご心配なく〜(笑)。

2010年12月16日(木)















寒い日が続いているけど、よく晴れた日の我が家の3階の窓際はとっても暖かい。
久しぶりに水槽の水を総入れ替えしたので泳ぐメダカたちの姿をはっきり見ることが出来た。里子に出したりして水槽の許容メダカ数に余裕が出来たので、睡蓮鉢のメダカを室内に戻してあげた。今全体でちょうど60匹。
みんな元気に冬を越してもらいたい。

暖かい窓辺は猫たちも大好き。それにしても柚子の大きくなったこと!
うちに来たばかりの4月、水槽の前で撮影したときはほんの赤ちゃんだったのにねぇ(4月日記参照してね)。
この頃は他の猫ともなかなかうまくやっている。特に坂本さんとはプチバトルもするけど隣で寝てたりもする仲になってくれた。夜はいつのまにか布団にもぐりこんでくるし(エリザベスカラーをつけてた時もそうだから、かなりのすごワザだ!)、ひょうきんな仕草でT画伯をもまるめこむ(笑)。世渡り上手な猫だった。
それに比べると9は世渡りが下手ってことになるのかなぁ…。ツンデレ系??

2010年12月9日(木)

12月に入ってから整体に通い始めていて、今日はその2回目。
きっかけは友人からのクチコミで、ものすご〜く痛い分とにかく効き目がすごいという。彼女の話によるとその整体に通い始めてからふとももの贅肉も減ってきたし、髪の毛までサラサラになったというのだ!
そこまでの効果はまだよくわからないけれど、一度連れて行ってもらったら体がスッキリしたのは確かだった。

とにかくあちこちコリ固まって来る年頃なもので(汗)、メンテナンスは必要だと感じていたところだった。痛いけれどリンパの流れはあきらかに改善されているだろうと思われる。しかも1回の施術で3千円と、整体としてはかなりリーズナブルなお値段(交通の便が悪いせいもあるのだろうか)なので、月2回くらいずつなら続けられそうだ。
普通は整体やマッサージの先生が男性だとやはり少しは構えて緊張してしまうけれど、今回は友人の紹介だったので、初めてでも安心感があった。
30代の気さくなお兄さんという感じの先生。若い分力も相当だと思うけれど、その先生がひじで凝っている箇所をグリグリ〜っとやるのだから、相当痛い。

わたしの場合一番痛いのはふくらはぎの裏側。不要な脂肪がごってりあるから痛いのだろう・・
痛いけど、やっぱり施術後はすっきり〜。

さて、エリザベスカラーも取れて本領発揮中の柚子。2匹が熱心に見つめるのは??
正解は始動中のエアコンでした。

2010年12月6日(月)














今日の午後、柚子の抜糸がめでたく完了した♪
腫れもすっかり引いて、傷口もきれいな色になっていた。最後に塗り薬を塗ってもらって「明日の朝になったらカラーをはずしてもいいです」との事。良かった〜。本当にひと安心だ。

上の画像はT画伯と2連ねこ。
T画伯が着ているのはヒューマノイド型寝袋で、ネットショップで見つけたらしい。別にキャンプが趣味でもなく。単に寒がりのT画伯が家の中でいつでもどこでも全身暖かいように、という夢を叶えるために購入したようだ。届いてすぐに試したところすっかりお気に入りになって、家にいるときはだいたいこれを着ている。

そしてしきりとわたしにも勧めてくる。確かに我が家は建てつけが悪くて冬は本当に寒いから便利なのかもしれない…。使い方を誤ってはいるけど(--;)。結局わたしにも色違いを買ってくれた。(しかしワンサイズしかないのでわたしには相当デカすぎる。動きにくいのであまり着用のタイミングがない現状…)

で、ヒューマノイド型におさまってソファに寝転ぶT画伯。体温がじんわり伝わるのか、暖かいところが好きな猫たちにとっては憩いの場所となっている。
まだ3連の実績はなし。T画伯はひそかに3連を心待ちにしているはずだ(笑)。

2010年12月2日(木)

思わずシャッターを押してしまった、珍しいツーショット!あまり仲がよろしくない坂本さんと9が揃ってキャットタワーの最上階にお行儀良く座っていた…。

しかも坂本さん、この仏頂面〜(笑)。

この顔でこっちをじぃぃぃっと見てるし。何か訴えたいことでも??












そして柚子はパラボラアンテナのまま、アクロバットな動きもへっちゃら!細い液晶テレビの上にピョーンと飛び乗ってバランスをとっている。

どうしても見下ろしたいのか??(笑)

2010年12月1日(水)

日なたぼっこ中の柚子。

今頃エリザベスカラーをつけている柚子に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
本当にごめんね、柚子。

予定では先月30日には抜糸のはずだった。柚子もすっごく元気だし、日々回復している様子で嬉しかった。でもあと一日で抜糸だ〜という時になって手術後の縫い目 が腫れてきたのだった。

原因はめっちゃくちゃ思い当たる。そう、退院後柚子があまりに嫌がるのでエリザベスカラーを着けなかったのだった。9の手術の時には何も着けずに退院してきたので、抜糸までそのまま縫い目から針金が少し見えた状態で過ごした。9は何事もなくスムーズに回復し抜糸できた。その経験があったから同じ術後の処置がしてあるお腹を見て、柚子もきっと大丈夫だ、カラーのストレスの方が体に良くないと、わたしが自己判断してしまったのだった。

柚子の様子に注意して舐めないように見張っていても100%張り付いているわけじゃないから、時々舐めてしまったんやろうね。猫にとっては気になるから舐めるのは当たり前。どんなに嫌がってもちゃんとカラーをつけておくべき だった…。大反省です。

それですぐに病院に連れていき、カラーをしてなかった件も白状すると「では自分で舐めたんですね。少し効き目の長い抗生物質を注射しますから様子を見てください。抜糸は1週間先に延ばしましょう。」と…。
そんなわけで今はエリザベスカラーを着けられて「なにこれー、意味わかんないー」と思いつつ生活している柚子だった。

大反省のわたしのなぐさめは柚子が相変わらず元気で走りまわっていること。カラーは邪魔だし迷惑には違いないけど、それ以上に柚子はやっぱり柚子だった。あちこちぶつけながらも、おもちゃに標的定めてアタックを繰り返したり、9や坂本さんを追いかけたり…。
自分で毛並みを整えたりかゆいところを掻いたりできないので、柚子がカラーを掻いてる音がすると飛んでいって代わりに首まわりを掻いてあげる。気持ちいい時はうっとりして足をあげて自分が掻いてるような仕草をする。
あと、トイレの時はカラーが砂にささるので(ヘタするとウ○チにもささる可能性が…)、柚子がトイレに入ったら密かに横目でチェック。終わった様子を見てすぐに柚子をピックアップ〜!!

T画伯も「パラボラアンテナが来たー」とからかいつつも、健気な柚子が可愛くて仕方ないんだろうなぁ。
今度こそ柚子、もうちょっとの辛抱ね。

 HOME                 ←古い日記         新しい日記→