HOME                 ←古い日記          新しい日記→

2010年11月27日(土)

今日里子に出すメダカたちを別の容器に移し変えた。
主に外の睡蓮鉢の中にいたメダカの中からチョイス。これから寒さが厳しくなる季節だから、出来ればちょっとでもましな環境で育ってもらいたいし…。自然で育つメダカのことを考えたらこんな過保護な気持ちは不必要なのかもしれないけど…。

そんなわけで久しぶりにゆっくりと室内外のメダカ達を眺めてた日だった。するとずっと前に「睡蓮鉢にメダカをいれんさい」と勧めてきた近所のおじさんがのぞきにきた。メダカを確認して嬉しそうだ。「うちの実家にも昔メダカがいて、真夏の暑い日でも直射日光に当たっても元気にしてたからね」と、メダカの強さをまたまたアピール。真夏にわたしが暑さを警戒してメダカを入れなかったのでそれが残念で仕方がないのかな(笑)。う〜ん、おじさんの子供の頃とはあきらかに違う暑さの異様な夏だったんだけどなぁ、今年は。暑さも喉元過ぎれば…?さて、この冬の寒さはいかに!?

2010年11月26日(金)

左の画像は11月 初旬頃の柚子。
可愛く撮れてたのに日記に載せてなかったので今頃になってアップ。
猫がまるまってるのもいいけど、足がピーンと伸びてるのも可愛い〜。

さて今日は朝からとある派遣会社へ登録に
行って来た。最近他のところへも登録してきたので、前ほどの緊張感はなく手続きを済ませることが出来た。

かといって条件にあう仕事をすぐに紹介してくれるとは限らないけど…。
とりあえず、せっかく習ったオフィス系ソフトの操作法を忘れないようにしなくちゃあ。

我が家の猫たちの推定生年月日を入力して現在の年齢を関数計算で求めるエクセルでも作ってみるか〜、ハハ。
はっきり誕生日がわかるのは柚子だけだ。

2010年11月24日(水)

柚子 は不妊手術をしても前の柚子のまま。9や坂本さんがトイレに入るとすぐに行ってちょっかいをかけようとする。今も後ろを狙って手を出す直前、9に振り返られたところ。

一番無防備なトイレタイムをじゃまされるのはたまったものじゃないよねぇ。9の迷惑顔(--;)。でも当の柚子は無邪気そのものだ。

人間のトイレの時も必ずといっていいほど後ろについて一緒に入ろうとする。T画伯はこれがちょっと嬉しそうで…。

わざわざ「柚子〜、トイレ行くよ〜」などど声をかけているくらいだ。

柚子は時々、一人でもトイレにもぐりこんでいることがある。ドアが少し開いていたりすると、中に入って予備のトイレットペーパーをがしがし噛んでいるようだ。被害にあったペーパーは歯型があちこちについて穴があき、柚子のよだれで一部がかたまってしまっている。うまくローリングしてくれないから最初の何巻きかはボロボロで無駄になってしまうのだった。我が家ではトイレのドアをちゃんと閉めよう運動実施中(笑)。

2010年11月20日(土)

柚子退院の日。予約時間が待ち遠しかった。

昨日面会してるから、ちょっとは安心。
診察室に入るとキャリーケースに入れられた柚子がいた。わたしが呼びかけるとこちらを見上げた。
「(飼い主さんが)わかったみたいですね〜。」
と先生。柚子〜、もうすぐおうちに帰れるからね。
まだ緊張の面持ちの柚子を見ると、ホントに良く頑張ったと思う。

家でケースから出してすぐに猫缶を開けるとすごい勢いで食べだした。病院での朝は緊張して何も食べなかったらしいから、丸一日絶食状態だったんやね。こんなに食欲あったらダイジョブやね〜。
たまに術後数日はうずくまって痛々しい感じになる猫ちゃんの話を聞くこともあるから…。

わたしの心配をよそに、帰ってきた柚子は元気そのものだった。お気に入りのキャットタワーにピョンと飛びのって毛づくろい。家に帰って本当に安心した様子。 このペロペロしてる顔、幸せそうだぁ。

これが昨日お腹にメスを入れた猫なのかぁ〜!?というくらいの元気っぷり。でも9の時もこんなだった。こちらがヒヤヒヤするくらい、ジャンプしたり走ったり…。

もうこれで柚子の不妊手術という難関はクリア〜。
あ、でも抜糸があるんだった。柚子があまりに普通に過ごしてるので…。10日後に抜糸の予約入れたんだった。

2010年11月19日(金)

いよいよ柚子の不妊手術の日。

朝7時ちょっと前、飲み水を片付ける前に柚子が水を飲んでくれた。しばらく飲めないから今のうちに水分補給してくれて良かった。

今日は9も獣医さんで予防注射の予約をしている。
先日の柚子の血液検査の日は坂本さんが注射だった。本当はその時9も連れて行くはずだったけど、わたし一人で3匹は無理だった(汗)。

10時までに連れて行くことになっているから、慌てないように早めにキャリーケースに入れないと。さりげなさを装って、まずは柚子を確保。
9は逃げ足が速いのでケースを見せたらもうダメ。ここ何年かはそぉっと近づいて洗濯ネットで確保している。これだと抵抗しても逃げられず、そのままショルダーバッグに入れて完了。そうして9時半頃には動物病院に到着していた。

まずは9の注射から。体重は4.44キロぴったり。ぞろ目ってちょっとすごくない?これは縁起がいい気がする〜。体温も平熱、注射も先生の早業であっと言う間に終わった。

そして次は柚子の問診。注意事項をちゃんと守れていたので、特に問題なく予定通り手術が行われるとのこと。12時すぎから開始となるらしい。そして夜には麻酔も覚めてくる頃なので面会可能と言われたのが意外だった。9の時には面会した記憶がない…。仕事でわたしが行けなかったのかもしれない。

ちょうど手術の頃、遠くから祈りをこめて応援していた。間違っても病院から緊急の電話など入りませんように。
そして何事もなく午後が過ぎて、面会の時間が近づいた。

案内された部屋では、大きめのケージにエリザベスカラーをつけた柚子がいた!!手術は成功だった!
麻酔から覚めかけて少しぼんやりしているようだ。先生が柚子を抱っこしてケージから出したので、近くで頭を撫でることが出来た〜。
よく頑張ったね〜、柚子えらい。えらい。

9の時とおんなじで縫い目は細い針金が少し飛び出している。こうしておくと舐めにくいのかな。最初みたときはびっくりしたけど…。

面会時間は短かったけど、柚子に会えて良かった。本当に無事で良かった。柚子は本当に頑張ったよ〜。

2010年11月18日(木)

今日は職業訓練修了の日。

お昼前に1時間ほどの式典があり、修了証書の授与があった。6ヶ月、振り返るとあっという間だったなぁ…。
就職が決まってポツリポツリと退校していく訓練生もいたので、最後は15名。

午後1時で教室も閉められることになっていたので、名残りを惜しんでおしゃべりしていた人たちも学校の外へとそれぞれに分かれていった。

だけど今夜は修了おめでと〜の打ち上げ!
先生方もお誘いしてのほぼ全員参加の飲み会 は一次会から賑やかに始まった。訓練生仲間というのは会社と違って上下関係もないから、始終なごやかな空気で一緒に勉強できたのが良かった。メルアド交換などもしながら、実際には何人の人たちとこのご縁が続くだろうか…とふと寂しく思ったりも…。
二次会のお開きは23時40分。久しぶりの終電で帰宅。

だけどそうそう余韻にひたってもいられない。明日手術の柚子のため今夜の猫ご飯は午後9時にT画伯に片付けてもらっている。明日の朝7時以降は飲み水も禁止の柚子がちょっぴり不憫で…。こんな日に飲み会だったからごめんよ〜(汗)。どうしても柚子のことが気にかかる。明日頑張ってね。病院に送り届けるのは午前10時。
だけど本人はのんきに今日も「噛み魔」っぷりを発揮していた(笑)。
まだまだ行動は子供っぽいのにと思うと、本当にごめんね〜、、、って思う。柚子。

2010年11月15日(月)

「噛み魔」に変身した柚子のアップ。

興奮し出すと止まらない〜。噛みたい、噛みたい、噛みたいのよ〜っ!

時々…いや、しょっちゅうこんな風に戦いを挑んでくるので、わたしの両腕はまぁひっかき傷だらけなのだ。

そんな柚子ももう月齢8ヶ月めに突入している。
体も大きく成長したので、もういつ不妊手術を受けても大丈夫だろう。

そんなわけで先日、かかりつけの平野動物病院で手術前の血液検査を受けてきた。
結果は良好。どの数値も全く問題なく、健康そのもの。
体重は2.9キロ。大きくなったなぁ。

手術は19日の金曜日。
なぁんにも知らない柚子…。ごめんね、だけど飼えない子を増やすことは出来ないから許してね。柚子は一生幸せにするからね!!

2010年11月14日(日)

昨日、ライブの前が アクセス MOS検定だった。
この検定も慣れたもので、毎回教室も同じだから緊張感もずいぶん緩和されて、純粋に試験だけに集中できるようになってきた。
おかげさまで無事合格することが出来て、これでひととおり資格試験が終了したことになる。

訓練校でアクセスを教えてくださるのはバリバリ大阪弁の30代前半の女性講師で、授業中のしゃべりもメリハリがあって面白い。講師になる前の実務経験も豊富なようで「テキスト通りに操作を教えるだけやったらわたしはいらん(必要ない)からね。ちゃんと皆に中身を理解して覚えてもらえるように わたしも努力します。」と自己紹介の時に言ってくださったのが印象的だった。

というのも、久しぶりに「教室に座って学ぶ立場」に戻ってみると授業に対する興味も指導側の取り組みでずいぶん変わってくるということをひしひし感じたからだ。 実際、退屈なだけの授業やひとりよがりの講師も存在するから…。

この先生は言葉通り、聞きたくなる授業を展開してくださっている。そして訓練校修了までまだ残る授業では独自に素材を持ってきてより実践に活かせるアクセスを教えてく ださるとのこと。
もちろん先生は皆からも人気で、授業が終わると元気な大阪の姉ちゃんに戻って生徒としばしおしゃべりタイム。
テンポええ大阪弁が久しぶりに聞けてわたしもめっちゃ嬉しい!

2010年11月13日(土)

広島にドリカムがやってきた〜♪

ドリのライブに行きたくてもう何年もファンクラブに入っている。今年もずいぶん前に販売されたチケットをゲットして楽しみにしていたのだった。

今回はT画伯が風邪のために行けなかったので、友人に声をかけ女子二人で行ってきましたー。

座席はアリーナ(ここがファンクラブのいいところ)でしかも今回は比較的前の方だった♪
ところが今回の選曲がすごいマニアックで、普段ライブではやらないような曲が多くて誘った友人にはちょっと申し訳なかった感じ。わたしも知らない曲がいっぱいあった。
でも曲を作った側としては思い入れもそれぞれにあって、出来たらライブでやりたいよね。そんな曲をやりまくったんだろうなぁ〜と思う。そういう意味ではレアなライブが聴けて良かった。

アンコールの一番最後は「うれしい!たのしい!大好き!」
めっちゃ明るくたのしくライブを締めくくってくれました〜♪

2010年11月12日(金)

9と柚子のツーショット♪

柚子が我が家に来てから約半年。
さすがにお互いの存在にも慣れてきたみたいでなんとか認め合うくらいの仲にはなってくれたようだ。

気温が低くなってきたせいもあるかもだけど…。

我が家の猫たちもやっぱり猫鍋みたくひっついて丸まってぎゅ〜っと!!と欲は出るけど・・・
まだそばにいるのがやっとだもんなぁ。それでも一歩ずつ前進だからね。

2010年11月9日(火)

訓練校も残すところあとわずか。
始まった時にはまだ春の終わりで、6ヶ月後の11月、寒くなる季節まで勉強なんてずいぶん不思議な心持ちがしたものだった。

途中、信じられないような猛暑の中も皆が真面目に勉強していることに刺激されて、とにかく資格取得という目標に向けて一途に頑張ったと思う。

10月にはこの訓練の本命でもあるITパスポート試験が実施されて、模範解答では合格点だったのでほっと胸をなでおろし、その後はマイクロソフト社のAccessの授業に取り組む日々…。

訓練委託先の専門学校の夏休みにあわせて学生食堂も長い休みに突入したので、それからは教室ランチ組に参加させてもらってお昼を食べ始めた。1時間もある昼休みだから、いろんな話しをしてますます皆と仲良くなれたことが嬉しかった。話し易く明るい性格の方が多く、お昼休みが本当に楽しかった。
この訓練が終了したら、それぞれ別の道へ進んでいくんだなぁ…。就職のことを考えるとそんなことも言っていられないのだけれどね。さて、週末のMOS試験はいよいよAccess、頑張らなくっちゃ!!

2010年11月7日(日)

再び一箱古本市が11月6、7日の二日間広島で開催された。
街なかの商店の軒先をお借りして、にわか店主がそれぞれ自分の用意した箱に古本を並べて販売するというもの。










今年も友人に声をかけて一緒に出店し、手作りビーズアクセサリーを並べて販売した。
右の画像は新作のお花のブレスレッド。自己満足はわかっているけど、可愛い〜♪(笑)

とはいっても手作りのアクセサリーは、見るだけでなかなか購入にまで至らなくて…。午前中に来た年配の女性の方が友達にあげるためにといくつかまとめて買ってくれたのが嬉しかった〜。

古本の方は実はあんまり力を入れてなくて、前回売れ残った本が並んでいたり…(汗)画像左上の江原さんの顔が表紙の「江原啓之物語」もすっかりおなじみとなってしまった。
それでも前の古本市でわたしの箱から宮部みゆきさんの本を買ってくださった方(他店の店主さん)が今回も参加されていて、それをきっかけに宮部作品を読むようになったらしい。わたしはすっかりオススメしたことも忘れてしまっていてごめんなさい。
この方とのお話しから、今回はわたしが奥田英朗さんの本を紹介されたので今読んでいるところだ。こんな小さな交流で本が広がっていくのが古本市の面白いところだな〜と思う。

2010年11月2日(火)

じゃじゃーん!!
これが最近購入した電動自転車、ヤマハPAS CITY-SリチウムLスーパー。このシリーズでは最強のパワーを誇るだけあって、お値段もかなり高めとなっている…(汗)。

だけど!この自転車のおかげで家に帰る時に必ず通らなくてはならない坂道を難なく登ることができるようになって、本当に嬉しいのだ〜♪
傾斜がキツイので思わず立ち漕ぎしてしまうけれど別段息が切れるわけでもなく、かなりの買い物をして前カゴが一杯になっても頑張ってアシストしてくれる頼もしさ。しかも毎日の 走行距離自体は短いので電池の減りも遅くて今までの約一ヶ月、まだ3回しか充電していないというエコっぷり。

…と絶賛してみたものの、実は帰るルートのもうひとつ、家に近い方の坂道はあまりにも勾配がきつい。一度試しに荷物の軽い日にチャレンジしてみたら…、必死で立ち漕ぎしてなんとか登れた 。だけど疲れるわ、電池は一気に減るわで、やっぱり万能ってわけじゃないんだね。あの坂道は原付バイクでも可哀想だもんなぁ。
急勾配なので歩く人のために路肩には人が一人通る幅の階段がついてるくらい。見晴らしはいいのだけどね。

2010年11月1日(月)

いつまでも暑かった今年の夏もようやく終わったと思ったらあっという間に11月…。
秋ってこんなに短かった?

画像は10月初旬のもの。
暑さもさすがに大丈夫だろうと思い、ようやくメダカを睡蓮鉢に入れたのだった。一鉢に15匹くらいで睡蓮鉢は二つあるから、計30匹。これで室内の水槽のメダカ密度もいい具合になったし、めでたくビオトープも一応達成♪

半月以上が経過して今は内外のメダカ共に健康なのが嬉しい。

実は一ヶ月ほど前に一匹だけ下半身が松かさ病にかかったメダカが出現して、泳ぎにくそうにしていたのを発見した。エサも一生懸命食べているし助かりそうだったから、早速隔離してニューグリーンFで薬浴させて様子をみることにした。1週間そのまま治療して、見た目は完治ではなかったけれどずいぶん回復したように見えたので、みんなのいる水槽へ戻してみた。
治療中は食事抜きにするのが基本なので、あんまり長びくと可哀想だなぁと思って。。。
今となってはどの子が見分けられないくらいに元気になったみたいだ。このところメダカの死体もあがってないし…きっと全快してくれたに違いない。次は冬越し、メダカにとってはまた厳しい季節到来だ〜。

 HOME                 ←古い日記           新しい日記→