HOME                 ←古い日記          新しい日記→ 

2010年7月31日(土)

今日はAM5:00起床。
6時発の新幹線で岩手県盛岡市を目指すT画伯を、広島駅まで送っていった。盛岡にある中古車を実際に目でみて確かめて、良ければそのまま購入して運転して帰ってくるという予定だ。
もともと我が家の2台のうち、コペンは軽のオートマ車でわたしも普通に運転できるけれど、T画伯のこだわりで探したルノーのクリオはマニュアル車の上に左ハンドルなので、わたしは助手席専門だった。
この2台体勢で長らく来たのだったけれど、最近になってT画伯が車を変えると言い出して、あっというまにルノーを売ってしまった。
わたしがその話しを聞いてから数日後にはもう次の人のところへ行ってしまったと聞かされて、自宅から少し離れた駐車場に停めていたので、最後の姿に別れを告げる間もなかった…。
車の買い替えにはなんの異存もないのだけれど、やっぱり一抹の寂しさが…。持ち主でもないわたしがこんな風に感じるのだから、T画伯もさぞかし寂しい気持ちがしたことだろう。新しい車が気に入るといいのだけれど。   
さて、急に別れがきたルノーの在りし日の雄姿を残しておこう。

2010年7月30日(金)

画像はスペイン料理の前菜、タパス。
手前が「たこのガリシア風」で奥は「マッシュルームのにんにくオイル」。そして赤いグラスはフルーツ果汁たっぷりのスペインのお酒「サングリア」。
金曜日ということで、急にT画伯と飲みに行くことになったのだった。

お店は横川の「ペペローネ」。
前に行ってから多分半年くらいは経ってしまっているかも。でも2人ともお店のファンなので、マスターも顔を覚えてくれていた。


どれも美味しいけれど、右のバーニャカウダソースは絶品。
野菜にも肉にも合うし、軽く焼いたバゲットにつけて食べても本当においしい。

もうすぐ横川には一時休業していた「ゴッドバーガー」という、知る人ぞ知るハンバーガーショップが再オープンする。
駅から図書館も近いし、輸入品の品揃えも豊富な大手スーパー「フレスタ」もすぐ。この横川には、帰りにわざわざ寄り道してしまう誘惑が多いのだった…。

2010年7月29日(木)

少しさかのぼって月曜日、職業訓練校ではパワーポイントの授業の成果発表として、グループで取組んだ課題のプレゼンテーションがあった。
聴衆が多いほうがやりがいがあるという先生の判断で、専門学校の生徒さんも聞く側で参加してくれたので、約35〜40人の前での発表となった。
しっかり練習していたつもりでも、やはり緊張して少し失敗してしまった…。
わたしは別にシャイなタイプではないくせに、こういう時にはやっぱりあがってしまう。

緊張って、なんでするんだろう。。。
今更ながら不思議だ。

2010年7月28日(水)

一階の睡蓮鉢は日当たりがいいせいか、次々と花が咲いて楽しませてくれている。

今のところ、開花一日目は七分咲きで夕方には蕾に戻って、二日目は大輪の花を咲かせている。三日目も少し元気がないけど花は開いて、四日目くらいにもう枯れ初めて花も開かない。
その間に、次に咲くであろう蕾が既に水面下で準備段階に入っていて、少しずつ茎も伸びて、膨らんでくる。
この暑さに鉢の水は真昼にはすっかりお湯になっているけれど、さすがは夏の花、この日差しが好きなんやね!

それにしても…。2階の睡蓮鉢は一向に花が咲かなくなってしまった。予定通り三連休に大きめの鉢に植え替えて、肥料も追加したのに、なぜ…???

メダカを入れたのが失敗だったのかなぁ…。なんちゃってビオトープだから、エサをあげないとメダカが可哀想と思って少しずつメダカのエサも鉢に投入していた。どうしても食べ残しが発生するから、水質が変わってしまって植物には良くない環境になったのかな?
そして肝心のメダカといえば、環境が変わったせいか病気が続いて、9匹が結局1匹になってしまった。その生き残りメダカをもう一度室内の水槽へ戻してあげて、わたしのなんちゃってビオトープはあっさり幕を閉じたのだった……。


ところで、猫たちはやはり、寝る寝る。
柚子は反り返って寝るのが好きみたい。

おーい、柚子。その場所は坂本さんのお気に入りの場所なのに、柚子が占領しちゃって怒られないかね?

おかまいなしの柚子なのだった…。

2010年7月18日(日)

若干、坂本さんだけとっ散らかってはいるが、我が家の3匹揃い踏み〜。
下からキジトラ、茶トラ、トラ縞柄の三毛…。
全くの偶然なんだけど、なんだか血縁であるかのような、3匹の体毛色なのだった。
坂本さんはキャットタワーに居場所がないわけではなく、この寝っ転がっている場所がお気に入り。フローリングの床のヒンヤリ感が好きなんだろう。ちょっと毛足の長い坂本さんはきっと他の2匹より暑がりで、こうしていると体脂肪が冷えて気持ちいい〜のかも。

昨日の動物病院の待合いでは子猫を連れた飼い主さんが数名いらした。春の誕生ラッシュで生まれた子たちがやはりワクチンでやってきているのだった。
どの子もみんな可愛かった〜♪

2010年7月17日(土)

柚子、2回目のワクチンの日。
体重は1.78キロ。1回目の時は体重が1.21キロだったので、一ヶ月で約500グラムも大きくなったね。
ワクチン前の聴診器では女医さんに「緊張で心臓がドキドキしてますねぇ。」と言われた。家ではやんちゃ盛りの柚子も診察台の上では何やらおっかなびっくり。それでも検温や注射も嫌がらずに頑張った。柚子、エライよ!
体温が少し高めで39.5度もあったけど、これも緊張のせいといえる範囲で心配ないそう。
         ↓ 赤ちゃんの時の柚子
それにしても、あのちっちゃかった柚子が、すっかり猫らしくなって、顔も赤ちゃん猫から大人猫の顔にだんだん変わってきた。

猫って気ままに思うかもしれないけど、どんなにぐっすり寝ていてもわたしが部屋を移動したらそれがわかるのか、その部屋にやってきて
そこで寝る。寝るだけなんだったら面倒だから動かなければいいのにと思うけど、やっぱりそうやってきてくれると嬉しい〜。
あ、これは9と柚子に限ってのこと。坂本さんはT画伯の猫なので、それを自分で理解していて、わたしにはそこまで忠誠心を見せないのだった(笑)。

2010年7月16日(金)

今朝は久しぶりの晴天となった。
朝出かけようと外に出ると、ご近所の奥様二人が立ち話しをされていた。わたしの顔を見て「綺麗に咲いてますね〜」と声をかけてくれたので、睡蓮鉢を見るとこの見事な咲きっぷり。
わたしもびっくりだった。美しい〜。
水面から5センチくらいは立ち上がって咲いている。
2階のベランダに置いた白い睡蓮は、実はあの写真を撮ってからとんと花が咲いてるところを見なくなったので、残念に思っていたので、よけいに嬉しかった。

赤いこの品種は「レッドスパイダー」葉っぱに点々と模様があるのが特徴だ。

2階の睡蓮は、調べてみると花芽が水に沈んで茎に立ち上がる力がなくなっていた。2つ目の花芽も途中で同じように茎が腐っていた。葉っぱはとても元気なのに…。
植え替えをしていないので、根っこが密集して良くない状態かも…。というわけで、赤玉土と肥料とサイズの大きい鉢を用意して、三連休のどこかで植え替えをしてやろうと思う。
うまくいくかなぁ。土いじりははっきり言って不得意分野なのだけど、花のためには頑張るしかない!!

2010年7月14日(水)

今日も朝から雨…。案の定、8時前に警報が2つになってしまったので、もともと午前の講義しか入っていない今日は全て休講となった。

それでも前から友人とランチの約束をしていたので、11時すぎには家を出て駅に向かった。数日来の雨のせいで、広島駅方面へのJR線は全て運休となっていた。このあたりの雨はそう強くないので妙な感じだけど、沿線はそうとう大変なことになっているらしい。幸いバスは普段通りの運行で、特に混雑もなかった。

ランチの場所は本川町にあるカレー屋さん「ばばじ」。
隠れ家的なお店らしく、ネットへ投稿された写真もおいしそうだったから一度行ってみたかったのだった。
頭を低くしてくぐり戸を入ると店内はひんやりと暗く、カレー屋には珍しくとても雰囲気のあるお店だった。今日食べたのは「ばばじカレー」750円。ライスにはふわふわの卵焼き?が乗っていて、カレーにも野菜がたっぷり添えられている。いろんな食感が味わえて、食べていて楽しかった。次はまた違うカレーを食べてみたい。

再びバスに乗り家に帰り着くと、別の睡蓮鉢のつぼみがこんなに膨らんでいることを発見。今までこちらの鉢には花がないなぁと残念に思っていたから嬉しい!
こちらはピンクの花が咲くんだね〜。完全に花開いたところがもう少しで見られるかな。

2010年7月13日(火)

昨日から九州・中国地方は大雨で、わたしの生活にも影響が出ている。
…というのは大げさだけど、住まい地区へ天気警報が2つ以上出された場合は訓練校の休講が決まっているのだった。
昨日は朝には雨が止んでいたのとニュースが選挙一色だったのとで、まさかの警報に気づかなかった。クラスの半数がわたしと同じく警報を知らずに来ていた。午前は自習となり、午後の講義から普通に。

そして今日は朝から雨。さすがに警報に注意していたけれど、大雨警報ひとつだけだったので授業はあるはず。こんな天候だとJRが遅れやすいと思い遅刻しないように、いつもより早い電車に乗ろうと慌てて家を出た。
案の定ホームに入ってきたのはずいぶん遅れた電車だった。乗り込んでから念のため…と、使い始めたばかりのiPhoneでお天気警報チェック〜。
そしたらナント!いつの間にか警報が大雨と洪水の2つになってるやん〜!?午前は休講が確定なんだ、、、せっかく急いで家を出たのに。
午後のことは10時の時点での警報で決まるから、それまでは帰宅も出来ない。
横川駅で途中下車して西区の図書館で借りる本を物色しながら、時間つぶし。駅から歩いてすぐの場所に図書館があってくれて助かったよ〜。結局10時になっても警報は解除されなかったので、11時すぎにモスバーガーで早いランチを済ませてから帰宅。久しぶりのモスではナンタコスがおいしかったし、ゆっくり選んで本が借りられたので結果オーライってことで。それにしても雨がうっとおしいなぁ…。

2010年7月11日(日)

←眠たそうな柚子の顔!目がいっちゃてます〜(笑)
  そして下の画像。たくましい鼻の穴と思いきや、実は鼻クソが    少々、、、乙女なのに、柚子。後でお手入れしよ〜ね。

2010年7月10日(土)

2つの予定をかけもちで、なんとなく浮き足立つ一日。

朝からはMos試験を受けるために街中へ出かけた。訓練校ではMicrosoft Officeの代表的なソフトを使いこなすための勉強もしていて、この日 は Word2003 の試験日だった。ベンダー試験は初体験だったけれど、終わってみると緊張するほどの空気ではなかった。

会場は狭いビルの一室で、同じ時間帯の受験者は訓練校の生徒仲間5人だけ。50分のオンライン試験で、終了後その場で合否がわかるようになっている。市販の模試CDで対策もしていたので、Wordに関しては余裕の合格。
この先Excel, Accessも受けることになるだろうから、まずはホッと一安心。生徒仲間も全員受かったそうだ。
それにしても今更2003のソフトで大丈夫かぁと思う。もう2010バージョンが出ているのに。
訓練校では2003を教えているけど、自宅には2007しかないから家で試験対策が出来ないという人も多かった。企業ではまだ2003を使っているところも多いと言うけど…??

試験終了後一旦帰宅して、夕方からの元同僚の結婚式出席のため支度にとりかかる。
といっても、最近はゲストドレスもアクセサリーも毎回一緒。季節によって上着をチェンジするくらいで、あまり変わり映えしないのだ。 さすがに自分でもちょっと飽きてしまったので今回は上着をやめてストールにしてみようと思い、 ラメ仕様のものを購入。
商品を決めたあとで、半額セール対象とわかって、とってもお得な気分。ラッキー♪
ちなみにネックレスと指輪は以前手作りしたもの。わたしにしてはかなり凝った作品となっているため、プチ自慢なのだ(笑)。

結婚式は基町のホテル、リーガロイヤルで。
披露宴会場はその34階だったかな。広島に来てこんなに高い所に上がったのは初めてだ。広島の街がこんなに見渡せるよ〜(上の画像)。

新婦が好きなのね、きっと。会場はひまわりの花であふれていた。
お2人もこんな風に明るく、笑顔あふれる家庭を築いていくのだろう。末永くお幸せにね。

2010年7月4日(日)

先日真っ白な花をつけた睡蓮は、さらに大きく成長して中心の黄色い花弁が綺麗に開いた。本当に見事で、雑誌のグラビアみたいに綺麗な写真が撮れたよ〜♪

品種は温帯スイレンの「オドラータ」。
これはネットで株を注文したもの。届いた直後はまだ花の季節ではなく葉っぱだけだったけど、それも貧相で本当にこれからちゃんと咲くのかなぁと不安に思いながら、睡蓮鉢に沈めたのだった。

そして遂に7月になって睡蓮鉢にメダカを入れてみた。
まずは大人のメダカを9匹入れて様子を見ているところ。先日の強い雨の次の朝、ご飯を上げても2匹しか浮上してこなかったからひょっとして流されたんじゃないかと思ったけれど、静かにしていたらそろそろと全員顔を見せた。これなら大丈夫そう。買った鉢もかなり大きいから、もう少しメダカが多くてもいいかな。やっぱり少し育ったら、子メダカも仲間に入れてみよう。

2010年7月4日(日)

さて、旅の間はお留守番だった我が家の猫たち。金曜日の夜から実家に帰ったので、柚子にとっては初めての2晩、人間がいない時間を過ごすことになったのだった。

水は水槽くらいの入れ物にタップリ。ここ数ヶ月メダカ用にカルキを抜くために貯めている水を猫たちが勝手に飲んでいるから。柚子はたまに子メダカが入っている容器からも飲んでいる。止めてもなかなかやめてくれない。猫って案外そういう水が好きみたい。間違ってメダカを飲まないでよ〜。
ご飯は各猫のドライフードをお皿に盛る。3匹とも違う種類を入れているが、そこはお互いつまみぐいをしている様子…。トイレも普段の2個にひとつ加えて3個。これで大丈夫だろう。そして3匹を指差し確認!!
9の最近の事件があったからね(汗)

大丈夫と思いつつも旅先の夜に柚子がやせ細っている悪夢を見てしまった。遠くて届かないけど「柚子〜、今日帰るからね!」と声をかける。
広島に戻ったのは日曜日の夜9時頃。真っ先に猫たちの待つリビングへ。ドアの影には、ちゃんと3匹が集まってきているのがわかって一安心だ。部屋は想像ほどは乱れてなくて、ご飯もまだ少し残っている。
なにより全員の色艶が良くて、元気な様子が一番嬉しい!!!柚子もいつも通り、すぐに弾丸走りを目にすることになった。思い切りお母ちゃんの腕をがしがしやっていいからねーーと大サービス。

2010年7月4日(日)

(昨日の続き)九州2日目。
温泉宿の楽しみはやっぱり朝の露天風呂だーー。朝の六時半に起きて義妹と連れ立って大浴場の露天風呂へ。
雨は気にならない程度の霧雨。これならこの日の観光メイン、九重夢大橋からの眺めも期待できそうだ♪

お風呂から上がって朝食までの時間、宿の裏手に続く渓流の散歩道を行く。すぐそばの林の新緑が雨に濡れて一際濃く深い色になっている。

このマイナスイオンに包まれた林が、華坊のすぐ裏から続いてるのだ。敷地内になるのかどうかわからないけれど、きっと宿泊客しか入ってはこないだろう。この日は雨のせいもあって、われわれ家族以外には出会わなかった。
朝食もたっぷりと季節の食材をいただいて、9時すぎには宿を出発することに。まずは阿蘇のお土産を見るために南小国町の物産館「きよらカァサ」へ。宿から車で15分くらいのところで規模も程よく、地元野菜や牧場の牛乳、馬油グッズなどから、菓子類のお土産まで厳選された品揃えに一同大満足!
わたしは大好きな乳製品を物色し、飲むヨーグルトを購入してみた。すぐに開けてみると飲むタイプとスプーンですくうタイプの中間くらいの濃厚さだった。その濃さが美味しい〜。
こんな味のヨーグルト、近くのスーパーで売っていたら逆にアブナイ…。毎日手をだしてしまいそうだもんなぁ。

きよらカァサを出発して、一路九重夢大橋へ。
2度目なりの感動を味わって橋を渡りきったら、以前には出来ていなかった展望台へ向かった。自由行動時間だったので、わたし1人きり。
上に向かって上ること5分!?
橋が遠く見渡せる場所に着いた。お土産物やさんが何軒が営業していたので、先ほど食べなかったソフトクリームを食べておかなくちゃ!という気分。
橋を眺めるこの絶景で頂きました〜♪


お味も物産館と遜色なく、とっても濃いミルクの味がする。
う〜ん、幸せだぁ!

展望側のお土産物やさんの前に謎な集団。ところどころ雑だけど色合いなんか結構いけてるんじゃない(笑)。
説明は読んでないけれど、どうみても干支の中から抜粋よね。ひょっとしたら次に行った時に増えてるかも〜???


再度、夢大橋を景色を楽しみながらのんびり渡ってみんなと合流。
お義母さんが気を利かせて全員の「九重夢バーガー」を買ってくれていた。旅の下調べで気になっていたのでぜひ食べてみたかったのだ。嬉しい〜。

有名な佐世保バーガーにも負けないくらいのボリュームがあり、「九重夢バーガー」の認定委員会が認可したものだけの何種類かを、近隣の6ケ所の店舗で販売しているという。

食べたのは「モモガー」という種類。ひとつ食べれば充分すぎるくらいの昼食になった。味もジューシーで、買ってからすぐに半分食べて2時間くらい経ってから残りを食べた時もおいしくいただけた。
佐世保バーガーほど知名度がなくて残念だけど、ボリュームも味もいい勝負。それでお値段が550円というのはとってもお買い得♪ これはもっと流行ってもいいいんじゃないかな〜。

いよいよ旅も終盤。国東半島からのフェリーで本州に渡るのだった。
高速道路が千円なのにフェリーというのは贅沢だけど、だから空いているし滅多に無い旅行なのだからたまにはこういうのもいいよね。

海が好きなわたしは、波しぶきをじっと見つめるのも大好き。落ちたらどうしようというドキドキ感とこの下にいる生命体は未知のものがいっぱいなんだろうと考えてしまう。
しかし〜、とっても眠かったので今回はほとんど船室でお昼寝タイムだった(汗)。 (完)

2010年7月3日(土)

6月最後の週末、久しぶりの家族旅行の行き先は九州だった。

T画伯の両親と妹の家族、そしてわたし達夫婦というメンバーで、ずいぶん前から計画していた一泊二日の温泉旅行が6月26日土曜日、ついに出発の日を迎えた。

あいにくの梅雨空で関門海峡は霧にかすんでいたけれど…。
長らく待った旅の始まりが全員の気分を浮き立たせて、壇ノ浦PAでは霧雨にめげずに写真撮影!

まずは一つ目の目的地、阿蘇の「レストラン藤屋」さんへ。あか牛のステーキをはじめ、洋食メニューが豊富でクチコミ評判も 良かったお店。夜の食事に備えて、ランチは軽めに済ませたい。わたしがの注文はハヤシライス。切り分けて頂いたサーロインは、普通よりも脂控えめなのにジューシーで とっても美味しかった!

ランチの後は阿蘇神社の門前町「阿蘇とり宮」で馬 肉コロッケ、「馬ロッケ」なるものを購入。まだお腹は空かないのでとりあえず次のイベント「阿蘇猿まわし劇場」へと向かう。

初めて見る「猿まわし」。お猿さんの運動能力はすごい。舞台を見ながら2歳半の甥っ子はきゃっきゃ笑って喜んでいた。笑うタイミングがビミョ〜だったけど、十分楽しんでくれたようで良かった♪ 舞台には2匹のお猿さんが出演していて、かなりハイレベルなジャンプ、玉乗り、竹馬などを披露してくれた。芸をさせるのは可哀想な気もするけれど、どうせ人間の世話になるなら芸をする事で使命感に燃えていいのかもしれないなって思った。頭がいいのだから自分達の置かれているシチュエーションもある程度理解しているだろうし、実際に喝采がくると誇らしいのだろうと思う。
本当の気持ちは聞くことはできないけれど…。ちなみにT画伯はこういうのは見たくないということで、車でお昼寝タイム。小一時間後に車に戻ったら、仮眠でちょっと元気になっていた。


宿へは大観峰を経由して向かうルートで。途中見晴らしのいい撮影スポットから広大な草原にいる牛たちが見えた。のどかそうに見えても例の口蹄疫はお隣の宮崎県。ニュースで見た車のタイヤを消毒するための検問所?みたいなところも通過した。
道中ずっと霧雨が降り続いている。それでも車から降りる時には傘をささなくても大丈夫なくらいに、小止み状態になるのだった。

夕暮れの大観峰は駐車場に車もまばらで、あたりは霧に包まれて別世界のよう。吹きまくる嵐のような風に体が持っていかれそうになりながら、雲の中にいるような感覚をしばし楽しむ一同。宿まであとわずかだし♪

宿に到着したのは午後5時すぎ。
今回も南小国町の「七滝温泉 お宿華坊」にお世話になることに。家族全員が「古里の我が家」という離れの一軒家に泊まった。2階建てで、囲炉裏つきの広〜い居間と露天風呂とひのき風呂があり、寝室となる和室が4部屋、あと広いキッチンや離れ専用の庭まであった。

食事まで1時間くらいはあるのでゆっくりと外の露天風呂に…。
目の前が渓流なので聴こえてくるのは川の流れる音だけ。霧雨は露天風呂にも降り込んでくるけれど、天然のシャワーみたいでそれがまた気持ちよかった。


夕食は別棟の個室へ。品数が多く、右の画像は最初のセッティング(土鍋は肥後牛陶板焼)。海と山の幸が満載でこの後も次々と運ばれてくるので、全部を載せるのはあきらめて姿も美しい「 山女の塩焼き」を載せることに。本当は食べるのに夢中でデジカメのことを忘れていて画像がない(笑)。

部屋に帰ると、女将からシャンパンの贈り物が用意されていた。この旅が義父の還暦祝いだと知って心遣いをしてくださったのだった。義父に宿で準備してくれた赤い還暦セットに着替えてもらって、実家から持参した
お祝いの大漁旗(名前入りなので全部は見せられないけど)の前で記念撮影と乾杯!

まだ夜は長い。今度は部屋付きの露天風呂に入ってみることにした。ほの暗い岩風呂に一人で入っていると、日常を忘れて夢見心地に…。
交代でお風呂に入ったり、久しぶりの旅先で母娘水入らずの会話に花が咲いたりしているうちに、そろそろ就寝の時間。
それぞれ家族に割り当てられた和室へと引き取っていった。(続く)

HOME                 ←古い日記          新しい日記→