HOME                      ←古い日記         新しい日記→ 

2010年5月27日 (木)

柚子、955グラム に到達!
この分だと2キロもあっという間かな〜。
目盛りが読める画像は柚子が後ろ向きだったコレだけ(汗)。

今日は特徴ある柚子のしっぽについて書いてみよう。
画像でもちらりと映っているけど、柚子のしっぽは猫にしてはちょっと短い。どうやら生まれつき先っちょの骨が鍵形に折れ曲がっているようだ。手でさぐってみると骨の変形がわかるけれど、毛に覆われているので外見からは単に短くてちょっと太めの尻尾にしか見えない。それをブンブン振り回して喜ぶ様子が犬のようで、ついつい笑ってしまうのだった。
 

今映っている足の低いテーブルにはもう難なくピョンと飛び上がれる。この前は、わたしが飲もうと入れていた日本茶をピチャピチャ飲んでいたのでびっくりした。もう飲むのは諦めて温度を確かめてみたら、まだそんなに冷めてなくて二度びっくり。猫舌じゃないのか〜(笑)。
柚子用のお水はちゃんと用意してあるから、ノドが乾いてどうしてもってわけじゃない…。やはり変なクセなのかな。体の模様はキジトラと茶トラの混じった三毛で、首からお腹にかけては白が多い。ちょうど坂本さんと9の子供がいたらこんな風かも〜、っていう柄なのだ。大人2匹は去勢、避妊済みなのでありえないのだけどね。

2010年5月26日 (水)

今日はT画伯と街中に集合して2人で飲み会。
初めて行くお店「煮込みや みよし」に入ってみた。T画伯がお店の大きなちょうちんに書いてある「骨付きカルビ炙り焼き」の文字を見て、一度食べてみたかったという炙り焼きは期待以上に美味しかった。骨にしっかりお肉がついていてボリュームたっぷり。甘辛いたれにしっかり漬け込んであってT画伯の好みの味だ。カウンターに座ったので、目の前には大なべ2つにすごい量のもつ煮込みがぐつぐつ煮えていた。これもおいしくいただいて、でもなんだか腰が落ち着かない。他のメニューがあんまりそそられないというか、串料理もあったのだけど、今日の気分じゃない感じ…。結局7時すぎにはこのお店を出て(早い!笑)、2軒目に行こうということになった。

肌寒さが戻ったこともあって、暖かいものが欲しくなる。ということはやっぱりおでん!?近くにはT画伯行きつけのおでんや「権兵衛」があるし。
そして画像はあっさりだしで煮込まれたおでん達。好みでごまダレも用意してくれるから両方の味が楽しめるようになっている。締めの茶めしまで、何種類食べたかなぁ。お店を出る頃には2人とも満腹〜。めずらしく食事のはしごをしてしまったのだった。

そして最後はバスを待つ間ミスタードーナツでコーヒーを飲んで、しっかり翌朝のドーナツを買い込んだ。

2010年5月25日 (火)

今日はメダカの話。
実は1週間くらい前にひかりメダカの「元気1号」が突然病気で死んでしまった。
あっけなく…。
他のメダカに比べても、かなり力強い泳ぎっぷりが好きだったのになぁ。残念…。

赤ちゃんメダカの方は順調に大きくなってきている。新た誕生した子も合わせると赤ちゃんだけで20匹くらいになったかも。
みんな元気に育ってほしい。

2010年5月23日 (日)

初めてのタイルアート作品が完成した。
ずいぶん前に東急ハンズのクラフトコーナーで、海外のタイルアートの本を見て以来、いつか機会があったらタイルアートにチャレンジしたいと思い続けていたのが、やっとここにきて実際に行動することが出来た。
ネットショップでタイルを購入して、図書館で本を借りて、まずは初心者でも取り組みやすい10ミリサイズのモザイクタイルを使用しての作品作りにトライ。

出来たのは柚子の食事台。可愛いパステル調に統一してみた。近づくと目地の入れ方がちょっと雑になってしまいアラも目につくのだけれど、柚子はそんなこと構わないよね〜。タイルを貼ってあるベース素材は発泡スチロール。5月20日の日記にちらりと映っているが、不用品だったフタの部分を台に使っていたので、これにタイルを貼り付けた。作品のサイズが小さいので、発泡スチロールでもタイルの重みによる変形が少なく、素材としてはOK。
そして左はキッチンで使う小物入れ。これも紀州梅が入っていた木箱をリサイクルした。
とにかくタイルの色の種類が豊富なので、組み合わせを考えるのがとっても楽しい。子供の頃から色鉛筆は少しでも多くの色セットが欲しかったし、大人の今もいろんな手芸にハマるのはカラフルなビーズや布地に魅かれるからだと思う。
目指すはT画伯の作品をスペインのガウディ風にタイルで表現することかな(笑)

2010年5月21日(金)

水曜日から職業訓練校が始まった。
授業は県から委託を受けた専門学校で行われている。かなり大きいビルで教室も沢山あり、食堂や休憩場所の設備も充実している。
教室に座って黒板を見つめノートを取る日々…。何種類もある教科書の重さに閉口しながらも、久しぶりの学生気分にかなりワクワクしている。
知らなかったことを知る楽しさ。新しい人との出会い。
まだどの教科も一回目の授業だけれど、先生のタイプも様々なようだ。
とりあえず、お昼休みの楽しみは学生食堂。安い上に若人向けなのでボリュームも○。丼物のご飯などは多すぎるくらい。
さぁ、使っていない脳細胞をどんどん活性化させなければ。今はまだスタートしたばっかりでスローペースだけれど、これから覚えることがいっぱいありそう。気合注入!

2010年5月20日(木)

柚子の食事中に9が割り込み!
最近、柚子の離乳食のまぐろフレークのつまみぐいが横行していた。
特に9が柚子の食べ残しを狙ってお皿に顔をうずめていることが多かったのだけど、ついに柚子が食べている最中にそろりそろりと近づいて、割り込んだー。

まだお互いに心を許しあっていない関係。こんな状況どうなることやらとハラハラしたけど、一応2匹は黙々と食べ続けた。またお皿の小さいこと!
割り込みは感心しないけど、一応威嚇もしないでこんなに接近したことはちょっと前進かな?

2010年5月19日(水)

T画伯に会社用の座布団をリクエストされたのは、いつのことだったろうか…。最近はビーズばかりしていたので、久しぶりにパッチワークでも張り切ってみるか〜!
と、とりかかってから数ヶ月。最後の座布団形にするミシン仕上げで重たいミシンを出すのが面倒で、3ヶ月ほどかかってしまった(汗)。
その間T画伯は、おせんべいのようにペシャンコになったダイソーの百円座布団で我慢していたようだ。
(しかし、座布団を百円で売るなんてすごいよな…。)

そして完成が右の画像。独身時代にプレゼントしたクッションのミニチュア版座布団に仕上がった。
わたし達にはなんとも懐かしい色と柄なのだった。
次はもう少し大きいサイズのをプレゼントしなきゃ。ちょっとお尻がはみ出しているらしいから(笑)。

2010年5月16日(月)

じゃじゃ〜ん!
今朝の 770グラムの柚子で〜す。
2キロまで測れるこのスケール、いったいいつまで有効か!?

もう階段の上り降りもすっかり克服して、好きな時に好きな場所にいたりする。
たまに早くに布団に入ったT画伯の素足を急にカプリとやって「くぉらーーっ!」と怒られている。
とにかく起きている時はいっつも何かに興味深々で猫らしくお尻を振ってタイミングを図り、パッと飛び掛ってはカプリ。お気に入りのリボン猫じゃらしをピョンピョン跳ねながら追いかける。ボンボン型猫じゃらしへの攻撃は、押さえ込んで猫キックの嵐をおみまい。

時々獲物をくわえている興奮で「うー」と唸っていることもある。この時期は本来なら兄弟猫どおしでとっ組みあいながら狩りの方法を学ぶ時期だ。
いっぱい遊んで猫の知恵と技を磨いてもらわないと。たった今も床に転がっている髪をカールするスポンジの玉と格闘している柚子なのだった。

2010年5月16日(日)

この週末は広島市民交流プラザでイベントがあった。いろいろな趣味のサークルなどが集まって発表会をしたり、ブースを作って活動を紹介したり。

その中のイベントに「一箱古本市」が参加していて、わたしも友人と共同で古本や手作りアクセサリーのお店を出した。
今回は会場が渡り廊下だったので天候に左右されないし、アクセサリーを展示するのにちょうどいい出窓のスペースがあった。

一箱古本店のオーナーさんは、当然ながら本好きの方が集まっていて、お客さんがいない暇な時間もあちこちでお互いの品揃えや趣味の話しに会話がはずんで楽しかった。

わたしがとても嬉しかったのは、うちのお店のお客さんの中にこのイベントでカラーセラピーのブースを担当しているセラピストの先生がいらしてくれて、わたしのアクセサリーを大変気に入ってくれたこと。「可愛い〜」「こんなに安くていいの?」「どこかにお店を構えているの?」などなど、本当に嬉しいお言葉をかけてもらったのだった。
そして先生曰く、赤い色、明るい色からは元気をもらえるとのこと。仕事でどうしても黒っぽいスーツを着る機会の多い先生は、意識して明るい色のアクセサリーを身につけるようにされているとか。
スリーカットビーズとスワロフスキーで作った、キラキラした赤いラリエットを大喜びで買ってくださった。

2010年5月13日(木)

柚子が階段を上ってくるところ。既に上りはかなり上達しているので、写真を撮ろうとしたらあっというまに上の方まで来てしまった(汗)。
降りる方はまだ怖そうにゆっくりだけど、それもまたすぐに克服するだろう。

猫ってすごい。坂本さんも9も、追いかけっこの時の階段は、よく足がもつれないなぁというスピードで飛ばしてくる。

最近特に、坂本さんと9の間のバトルが今までにないくらいヒートアップしていて、2匹ともすごい形相で唸りあって猫パンチを繰り出している。
ケガをするほどではないにしろ、やっぱりちょっと心配。柚子のことでは猫なりにストレス溜まってるんだろうなぁ。もともと、どちらかというと仲は悪い2匹だったから。だけど、食欲不振になったり毛が抜けたりの過剰なストレスはないみたいだから、もっと時間がたって慣れてもらうしかない。肝心の柚子は、少々威嚇されても逆に追いかけていったり、すぐに別の遊びに夢中になったりして、大人猫2匹のことはあんまり気にしてないみたい。
超マイペースのおおらかなにゃんこなのだった。

2010年5月12日(水)

先日受けた職業訓練校の選考結果発表があった。結果はなんとか合格出来た。良かったよ〜。

HPに発表された合格者の受験番号を見ると受験生は別の教室にもいたようで、倍率は6倍以上だったみたい。適正検査は正直よく出来たとは言い難いけれど、この他にも雇用保険の受給残日数や最初に提出した意気込みレポートの内容など、いろんな要素を考慮しての選考だから、とにかくラッキーだったのだろう。

せっかく与えられた勉強のチャンスだから、しっかり身につけて資格取得を目指したい。
学校はあと1週間くらいでスタート。

柚子はもうトイレもばっちりだし、昼間大丈夫だよね。このところ粒が小さい離乳用のドライフードも食べてくれるようになった。そしてなんと、我が家の階段を1人で上れるようになってしまった!!わたしが3階にいるとわかると、まだ怖さもあるのか鳴きながら必死で上ってくる。まだゆっくりゆっくりだけど、もうすぐ3階も制覇してしまって、坂本さんと9の安住の場所が無くなる日も近い!?

2010年5月11日(火)

柚子が眠いときにするうつろな眼差し。
こんな瞳で見つめられたら、心がとろとろに溶けてしまうよ〜。柚子、何を想っているのだろう…。

走り回って遊んで、ご飯をいっぱい食べて、お腹いっぱいになったら眠って…。
小さい柚子の一日はこれでも充分忙しい。

このまったりとしたうつろいの時、猫のお母さんや兄弟のことを想う事もあるのかな。柚子は小さくても既に別れを体験してるんだよなぁ…。
さ、また起きたら一緒に遊ぼうね♪

2010年5月10日(月)

少し大きくなったメダカの赤ちゃん。
最初の孵化ラッシュでは1週間くらいで立て続けに30匹以上の赤ちゃんが誕生していた。
でもその後、やはり数日で死んでしまう子も多数いてあっというまに半分くらいに減ってしまった。ここでは食べる天敵はいなくても生まれつき弱い個体もあるだろう。まだ小さくてよく見えないけど、奇形だって発生しているのだと思う。メダカは新種を開発して儲けようとする人が多くいるから、もう田んぼにいるメダカとは違う種になっているようだ(売買されているメダカを絶対に田んぼや川に放流してはいけないと言われている)。

まだ大きい子でも10ミリくらい。大人メダカに成長するのはあとどれくらいかなぁ。
ほとんどはお腹に卵をつけた母メダカから直接採卵して別容器に入れて孵化させたから、産まれてすぐに食べられる心配はなかった。でも中には取りこぼした卵もあり、それが孵ったのだろう、ある日親メダカ水槽の隅っこで泳ぐ赤ちゃんメダカを発見したことがあった。そのときはすぐに救助できたから良かったけど、運悪くわたしが気づかなければ赤ちゃんはビクビクしながら水草に隠れたりして生き延びてくれるだろうか…。
たまに取りこぼし卵が水草の間で揺れているのを見つけては隔離しているけれど、やっぱり全部は無理だろうから…。親メダカの水槽で孵化した赤ちゃんメダカの強運を祈るしかない。

2010年5月9日(日)

いいお天気の昼下がり。柚子はお日様が入る窓の近くでウトウト…。

昨日の柚子エピソード♪
昨日は比較的多くの時間を柚子と過ごしていたのだけれど、朝いつものようにちゃんと1人でオシッコとウ○チ出来たのを確認した後は、午後の遅い時間になってもトイレに座らなかった。
ん?と思ってトイレに連れて行っても興味なしですぐに遊びに夢中になってしまう。

ひょっとしてまたどこかトイレじゃないところでしちゃったかなぁ…。いやいや、特に足だって濡れてないし、猫だってトイレ間隔が長いときもあるよなぁ、と思ったりしていたけど、夜になって理由がわかったのだ。

今、柚子のいる2階には坂本さんと9のトイレが二つ置いてある。どちらもフタ付きで、さらにダンボールで囲ってあるから周囲から見えにくくなっている。柚子はこのうちの一つに入って、ちゃんと用を足していたのだった。
近くをチョロチョロ歩き回っているのは知っていたけど、それはトイレの向こう側へ行きたくて通り道を探していると思っていたのだった。

 実は柚子が使ったのは「ニャンとも&ワンだふる清潔トイレ」。1年以上前に購入したけど坂本さんと9には不人気で、2つ用意していても滅多にこちらのトイレを使わないのだった。このトイレは砂で固めるタイプではなく、下のマットでオシッコを吸収して臭いごと閉じ込めてしまうから、オシッコの時だといちいち砂を取らなくていいし、本当に嫌な臭いも少ないのだった。
飼い主としては、せっかく買ったのだからまんべんなく使って欲しいと思っているのに、使っている形跡がほとんどなかったから、あきらめてお気に入りのタイプと同じのを買いなおそうかと考えていたところだった。
思いがけず柚子が気に入ってくれようとは!しかも、本当のトイレを教える手間も省いてくれて大助かり。
柚子のために作ったお手製紙箱トイレに、ニャンともトイレのマットを敷いたのが良かったのかな。そのパルプの匂いが同じだったから、教えてないのにトイレだってわかったのかもしれない。それにしてもまたお利口な柚子にびっくりしたのだった。

2010年5月6日(木)

柚子が 600グラムになってる!
10日前は 420グラムだったのに、すごいよ〜。
この料理用スケールは、前回の獣医さんでの体重測定の日に自宅でも測って確認したら数字が合っていたので、間違いない。日々、こんなに成長してるんだ。

柚子の食事は、あれからすぐにミルクを飲まなくなって(都合でミルクを違うメーカーのにしたら、お口に合わなかったみたいで)離乳食の缶詰になっている。
食欲もちゃんと健康的な感じで、食べる時のはぐはぐが一生懸命で可愛い。
ま、柚子は何をしていても可愛いのだけどね。

測定中の柚子がなんでこんなに大人しく神妙な顔をしているか、、、それは寝起きを狙っているから。
でないとすぐに降りようとして測れないもん(笑)

2010年5月6日(木)

今日は朝からちょっと緊張。
申し込んだ職業訓練校のクラスが定員オーバーで、選考試験(といっても職業適性検査だけど)の日だった。
実施されたのはGATB「厚生労働省編一般職業適性検査」。倍率は計算してみたら2.75。
○の中にすばやく点を打ったり、何種類かの中から同じ図形を選び出したり、とにかく時間との戦いなのだった。
集中力を欠いていたのか、隣の女性の進み具合がページのめくり方でわかってしまって気になったり、、、もあったけど、そういうのもコミコミで、それで適性を判断するんだろう…(汗)。
結果はともかく、終わったのでホッとした〜。

で、突然柚子のトイレ風景。
実は「完璧にトイレトレーニングが出来た」とこの日記に書いた後も多少の失敗はあったものの、まだ一ヶ月ちょっとなんだから、9割以上ちゃんと出来てるなんて、すごいよ〜。柚子はホントに賢いね!
ちょこんとしゃがむ姿も可愛いので、レディの柚子には申し訳ないけど画像を載せてしまった。トイレも可愛い柚子だった。

2010年5月5日(水)

悠々と泳ぎ去って行くのは、メダカの元気1号。
水カビ病で尾びれが腐って取れてしまった時は本当に不憫だったけれど、ようやくここまで再生してくれた。ひかりメダカ特有のひし形尾びれにだんだん戻っていくのがわかる。

今はメダカの産卵の季節。元気1号はオスなんだけど、メスと違ってオスは卵を産まないから、ちゃんと恋の相手を見つけて交尾出来ているのかわからない。
毎日メス5匹くらいが卵をお腹にくっつけて泳いでいるので、水槽ではそれなりにカップルが誕生しているはずなんだけど、実際の現場を目撃するには至っていない。時々オスがメスに近づいては目の前でくるりと回る誘いのダンスをするのは目にするけれど大抵メスに逃げられてしまって いる。ターゲットを変えてはトライしている必死なオスもいて、それでもわたしが見ているときはあちこちでオスが振られている様子なのだ。
メダカの女って好みが厳しいのかしらん?と思うのに、次の朝には卵が…。いったいいつ?
ともかく、尾びれが完全復活したらきっと元気1号ジュニアの誕生もあるだろうな。どの子がジュニアなのかわからないだろうけど…(笑)ともかく頑張れ、元気1号!

2010年5月4日(火)

今日は前の派遣先の元同僚2人が遊びにきた。
インドカレーのランチを外で食べてから、午後はうちでゆっくりおしゃべりタイム。
7月に挙式が迫った方の元同僚にいろいろと成り行きを聞かせてもらった。長くお付き合いしる人がいたのは知っていたけど、ここに来て突然の結婚だったので。
どうやらご懐妊がわかっての急展開だったらしい。
喜びと多少の不安もあるようで…。でも赤ちゃんは絶対に両親を選んで生まれてくるとわたしは信じてるから。煮え切らない両親の背中を可愛い手でグッと押してくれたのだろうと思う。
お相手の男性も実は元同僚。2人共を知っているから晴れ姿が倍楽しみなのだった♪

そして今日のもう一つの目的は、可愛いニューフェイスの柚子を2人にお披露目すること。ただお客さんのひざの上で午後のほとんどを眠って過ごしていただけなのに、無防備な寝姿にすっかり癒された3人だった。
柚子効果大いにあり(笑)。

2010年5月3日(月)

昨日突然中華料理が食べたくなったT画伯とわたし。
久しぶりに西区の中華料理屋「老四川」に行ってきた。
駅から少し離れた場所にあって車じゃないとちょっと不便なので、今日のドライバーはわたし。今日は食べることに専念することに。飲み物は油分解する「黒ウーロン」ね(笑)。

もう3年ぶりくらいかな?メニューもずいぶん変わっていた。
一番楽しみにしていたジャガイモをこんがりフライにした料理はなかったけれど、他のを色々食べてどれも満足な味だったのが嬉しかった!
T画伯が焼酎をキープしたので、また近く必ず行くお目当てができた。今度は少々不便でも一緒に飲むために歩くことにしよう、と誓いあった二人なのだった。

2010年5月3日(月)

今日、柚子が正式に我が家の家族になった♪
柚子が順調にウチに慣れて、先住猫とのトラブルもなさそうだということで1週間のお試し期間は無事終了し、柚子を正式に迎え入れることとなった。
この度お世話になった方々に心から感謝です。
本当にありがとうございました。







そして…
いらっしゃい、柚子。
うちに来てくれてありがとう。
これからも一緒に沢山の時間を過ごそうね。
柚子にウチに来て良かったと思ってもらえるように新しいお母ちゃんは頑張るからね〜。

2010年5月2日(日)














寝起きの柚子を狙って…。期待通りの大あくび〜。きゃ〜わいいっ!

2010年5月2日(日)

柚子は今日も元気いっぱい。
お眠モードから遊びモードへ切り替わったら、お尻をふりふりして興味あるものに突進していく。今回の獲物はスリッパだ。

3月28日生まれの柚子は月齢1ヶ月ちょっと。
うちに来たばかりの坂本さん(当時月齢2〜3ヶ月)よりもひょっとしたら運動神経はいいかも。

GWに入ったおかげで、T画伯も柚子と昼間から過ごせて嬉しそうだ。二人のお気に入りは、フリースの中で眠る柚子をひざに乗せること。柚子の寝顔とぬくもりで心もほっこり♪

 HOME                      ←古い日記         新しい日記→