オレの名前は「たんくん」や。
ペットショップで売りに出てたら この家の姉ちゃんの目に
止まったんや。真っ白でフサフサ…。
この可愛さに惚れたっちゅうわけやね。

春やったから庭には黄色いタンポポがいっぱい咲いてて、
オレは期待に応えてメルヘンしたったわけや。
うまそうにタンポポを食べて風とたわむれた…。

せやから名前が「たんくん」になったんや。
ホンマのとこ一番の好物はパパイヤなんやけどな。
パパが嫌なんちゃうで〜。(あ、オヤジギャグ言うてもた)

目が赤いのも生まれつきや。こっそり泣いたんちゃうで。
ウサギや思てナメとったら承知せえへんで〜。

ヒクヒク?ヒクヒク?………なんの匂いやろか。…ヒクヒク。

なんぞ、エエモン持ってきてくれたん?


  
あ゛〜。
  こ、こら…、何するねんっ。
  オレのこと食べたろ思てるんちゃうか?
  お、お母ちゃん見てるで。
  いくらあんさんがお気に入りの家猫やからいうて、
  先輩のオレのことイジメたらお母ちゃんが黙ってへんで〜。

  な、な、お母ちゃん…………?  

  アカン、、、アカン、完全に笑てるワ。
  おもろがってるぅぅぅ……。

姉ちゃん!姉ちゃんはどこや〜。
助けてくれ〜。

おーい、おーい。

今日も仕事かぁ〜。
わて、もう一巻の終わりかもしれへんねんで〜。




と嘆く日もあるが…。

今日も元気な
たんくんであった…。 



ガシガシ!
プーさんを羽交い絞め〜
         

ゆかいな仲間のTOPへ