HOME           ←古い日記       新しい日記→

2008年3月26日(水)

何かいいものないかなぁ〜といつものようにスーパーをうろついてたら、大好きなレトルトパックの『むき甘栗』発見!
しかも値札が78円となっていてお買い得じゃないのぉ〜。つい手にとって買い物かごに入れそうになった時、表にちっちゃ〜い字で犬用と書いてあるのに気づいた。
えーーー犬も食べるのかと改めて驚いた。パッケージ外観は人間用とそっくり。間違えて買う人、いや食べる人もいるはずだ。実際わたしも危なかった。。。
メーカーさん、どうか犬の写真をバーンと載せてくだされ。食べてしまって、やたらおいしいと思ってから気づいたらショックやから…。

2008年3月17日(月)

またも昨日の続き。

次の日は松山市から車で20分ほどで行ける菜の花スポットへ。360度パノラマの菜の花♪















T画伯はとにかく菜の花が大好き(自称ラッキーカラー黄色)。こういう景色はたまらないだろうなぁ。。。

この後は松山市内へ戻ってイタリアンランチを食べ、フェリーの呉経由で広島港へと戻った。
突然思い立ってのプチ温泉旅行。終わってみれば宿以外は結構楽しめたよな〜♪

2008年3月16日(日)

さて昨日の続き、、、
小説の主人公達との記念撮影の後は、街の中心部にある松山城へ向かう。
ロープウェイに乗るらしいので景色が楽しみだ。チケット売り場へ行くとリフトも併設されていてどちらでもチョイスできるという。こんなポカポカ陽気なんだから風を感じるリフトでしょー。
途中、山桜が満開で一足早いお花見を楽しめた。結構長い距離で、見晴らしも十分。お城を見物したのは本当に久しぶり。当時は本物のお殿様やお侍が居たのだと思うとなんだかチョンマゲ。。。(笑)不思議な感じがした。

そうそう、ロープウェイのチケット売り場にもさっきとは別人の坊ちゃんとマドンナがいた。こんどの坊ちゃんはちょっぴり太め。本人気にしてるかなぁ…、ごめんね。

お城見物の後は宿に戻ってチェックイン。あとは夕飯までお風呂タイム〜♪
せっかく来たので古めかしい「道後温泉本館」へは是非入っておきたい。T画伯は宿の露天風呂で十分だというので、わたし一人で出かけることにした。・・・といっても徒歩一分。
(それがウリの宿なのだった。)

観光ミシュランで三ツ星を獲得し、アニメ「千と千尋の神隠し」の舞台となった油屋のモデルというだけあり、古めかしくて情緒を感じさせる。
あたりは夕方といってもまだ明るくて浴衣姿は数えるほど。。。連れもない一人歩きはちょっと恥ずかしかったけれど、ここは温泉街、これが正装なのだーーと居直って歩く(笑)
びっくりしたのは浴場が一階、二階と分かれていたこと。二階だと貸し浴衣付き、休憩所でくつろげるようになっているらしい。両方入るにはひとつ上のを買わなくてはいけないけれど、一人で来たし、既に浴衣姿・・・一番安い一階のみ入れる券を購入した。

今どきの銭湯に比べるととにかく古く狭く、快適さは皆無だけど、浴場のレトロさはタイムスリップしたかのような不思議な気分になれた。なにせ全員裸だから現代を感じさせるものが極端に少ない。若い人も少なくて茶髪も見えなかったし、おしゃべりを楽しむような空気でもなく比較的静かだった。湯けむりにぼーっと浮かぶこの女たち、湯から上がったらかすりの着物姿になって、濡れた黒髪を梳かしたりするんじゃないかしらん……というような妖しい雰囲気。
泉質はさらさらでとても柔らかい。せっかくだから長く湯につかっていたいところだけれど、すぐに湯あたりして息苦しくなってきた。脱衣所であっけなく現在へと引き戻されて、今度は浴衣+スッピンで宿まで歩いた(笑)

2008年3月15日(土)

じゃーん、しまなみ街道で「伯方の塩ソフト」食べてきたよーーー♪
T画伯
の週末の休みが急に決まって、久しぶりにプチ温泉旅行が実現したのだった。急遽探したのは、温泉があって その近場に菜の花スポットのあるところ。楽チンな旅がいい。最近ハードワーク気味のT画伯はこの際のんびり疲れを癒したいようだし…。
瀬戸内海を挟んでお向かいの愛媛県だったら、フェリーもあるし温泉もある!というわけでいざ初めての「道後温泉」へ。

前日の夜に電話したので既に和室は満室だという。ミシュラン三ツ星の「道後温泉本館」から徒歩一分の立地条件の宿だったから、とりあえず妥協して洋室を予約。まぁ、取れただけでもラッキーかも。
四国へは「しまなみ街道」で渡って、塩で有名な伯方島で寄り道。

次に四国へ上陸したら、そこは今治市。ネットで調べた情報だけど、タオルが名産品らしい。タオル美術館なるものがあって、わたしの好きなキルト展も開催されていた。右のいちごパフェやソフトクリームのオブジェ。人間よりもでっかくて絵本の中に迷い込んだ感覚。有名画家たちのイラスト原画展もあるし、カラフルなタオルのぬいぐるみや洋服やかわいいグッズのお土産が広いスペースにどわ〜っとあって、もうたまりません〜。超おすすめスポットです。下の写真は展示されていた長〜いタオル。タオルってアートなんだぁ。

ここを出るとお昼時をまわっていた。夜は懐石料理だし、せっかく四国なんだから、昼間は軽く讃岐うどんでも…………。
と車で走るけど、讃岐うどん屋さんがなかなか見つからない。お隣はすぐ香川県だというのに。
あきらめかけた時、花まるうどんを発見してしまった…(-_-;)もう、ここで、ええ・・・。
お腹が空いていたので、無意識に多く注文している我々二人。。。あっさりとうどん、のはずが天ぷらを盛りすぎてしまっていた。そしてわたしはおむすびまで…。あ〜、胸やけ気味…。

さて お昼も食べたし、この後は一路道後温泉へと車を走らせる。
宿に着いたのは2時ちょっと前。本日の宿に荷物と車を預けて、市内観光に出かけることにした。路面電車「道後温泉駅」には小説「坊ちゃん」の主人公と、マドンナに扮した観光大使のような大学生が数人、カラクリ時計の前にスタンバイしていて、愛想良く一緒にカメラに収まってくれたりした。
雰囲気があって良かったのだけど、小説「坊ちゃん」の内容が思い出せない(笑)。夏目漱石の小説は、なんていうかわたしにはあんまり合わないのだろう。。。
そして時刻はちょうど午後2時♪カラクリ時計が動き出した。レトロな時計が音楽と共にせりあがって、中からマドンナやら、お風呂を楽しむ裸おやじ達の人形が現れた。この時計のことは調べてなかったので、偶然見ることが出来てラッキー。

実写じゃありませんよ。
カラクリ時計の人形ね(笑)
            →

←で、こちら実写版。

プチ旅は続く。。。

2008年3月12日(水)

昨日初登場のJr. は、まだ生後2ヶ月のT画伯のおいっこクン。
体重はこの前帰省した時で、5キロちょっと。まだ猫の坂本さんにも満たないけれど、ぐんぐんすくすく成長中〜。
美男子な上に、聡明そうな顔立ち。
さてさて、誰に一番似てくるのだろうか。

新春とともにやってきた、ヒーロー、
Jr. に皆、夢中です!

2008年3月9日(日)

ものかげジャンケン、ジャンケン・・・・・・ぽん。

9 「ぐー」
Jr.  「グゥゥゥ〜♪」


あいこかと思いきや、9ちゃん、顔見えてるがな。反則!


             なので、Jr. の勝ちにしときます。、、、なんちゃって?

2008年3月4日(火)

3月3日はひな祭り♪

きのうT画伯が会社帰りにお雛さまケーキを買ってきてくれた。
家には雛飾りもないけれど、もう嫁入りまえの娘ではないけど(笑)

ちょっと女の子気分が味わえて嬉しい♪


2008年3月2日(日)

春、春、春!
三月に入っていっきに春が来た気分。
今年も梅の季節に間に合って、T画伯の実家で皆で恒例の梅園に行くことが出来た。
今年は雪が多く寒かったので、例年なら満開をすぎて花も少なくなる時期なのに、園内のほとんどの梅が綺麗に開花していて、あたりはほのかな梅の香りに包まれている。
かわいらしい姿のしだれ梅。駐車場の脇に咲いていても、こんなに目だってしまう。香りもお届けできたらいいのにね。

2008年3月1日(土)

昨年12月中旬に引越してから、ずいぶん長い間この道すがら日記を休んでしまった。

一年で一番忙しいと言われる師走に引っ越すものじゃないと改めて思った。荷造りを始めた頃はこんな落書きをしてる余裕もあったのだけど…(もちろんT画伯)(笑)。

一年で一番寒い時期も過ぎて、ようやくまた日記を復活しようかと思えたこの頃…。
気が向いたら、またお付き合いください(*^_^*)

 HOME           ←古い日記       新しい日記→