HOME                  ←古い日記          新しい日記→

2007年8月24日(金)

またPCの調子が悪くて、日記の更新もままならないまま、あっという間に夏休みが終わっていた。
後半16,17日はT画伯と2Catsを残し、ちょうど帰省してきている元同僚で今は東京転住のSちゃん、元気にママしてるMちゃんに会うため大阪へと旅立ったわたし。
(画像は天神橋筋商店街のアーケード)

一人だから大阪への移動は新幹線で。所要時間は一時間半ほどの短い時間なのに、旅行に出かけてる気分が高まって嬉しい〜。
その日の夕方、Mちゃんの家に集まって、用意してくれてた食事を頂きながら時間を気にせずゆっくりおしゃべりすることが出来た。同郷な上に、何年も同じ職場で働いていた友人たちだから 話すスピードや感覚が一緒でなんていうか、、、オモロイ人たちなのだった(笑)。東京へ行ったSちゃんはあちらでもひるむことなく大阪弁満開で、つっこむポイントを見逃さない。Mちゃんは三人の中では一番年下、二児のママでも天然ぶりは相変わらず。二人とも、このまま広島にお持ち帰りしたいくらいだ(笑)。

次の日は夕方の新幹線を予約していたので、それまでは一人の自由時間…。実は大阪へ行くことが決まった時、2日目はこうした時間があるので、誰かに連絡して久しぶりに会う約束をしようかなと、チラッと考えた。
でも、ここで性格が出てしまうのか、…夏休みとはいえ平日だし、皆忙しいだろうしなぁ。わたしごときのために急に大阪市内まで出てきてというのもなんだか悪いし、それはまたの機会にしよう…ってことで、結局一人の大阪での時間を満喫することに決めたのだった。

さて、そうとなれば岩盤浴づいてるわたしは(実は福岡の2日目もT画伯と一緒に岩盤浴へ行っている)大阪で早速ゲットしたホットペッパーに載っていた千里中央のサロンへ行くことに決めた。ここなら帰り際、T画伯へのお土産にカツサンドが買えるし(T画伯も絶賛のニューアストリアのカツサンド(^o^)丿)

岩盤浴後のスッキリ気分でランチタイム♪
まずは地元では有名な例のカツサンドのお店へ行ってみるとやはり数人並んでいる。お土産分をテイクアウトして、自分のランチは何にしようかな〜っと思っていると「千房」があった。懐かしい大阪のお好み焼き!ちょっと前猛烈に食べたかった時があったんだった。やっぱ、これしかないでしょ。
よくネタにされるけど、大阪ではお好み焼きと白ご飯の定食セットは当たり前。もちろん千房のランチメニューにもありました!若かりし頃はそういうのも食べたけど、さすがに今はサラダとドリンク付きセットの方をチョイス(笑)
広島に住んでいると大阪のお好み焼きを食べる機会はほとんどない。たまにメニューにあっても、大阪の本場の味ではない。何が違うのかというと空気が違うのだった。こんな話は長くなるのでまた別に…(^_^;)。
とにかく、おいしいお好みランチを頂いた後は、やっぱり懐かしい味を求めて、天神橋筋の「中村屋」さんへ。
ここは揚げたてのコロッケがホクホク、サクサクで絶品。揚げたてをほおばりながら商店街をブラブラ歩いてみた。そのまま扇町へ抜けて梅田まで歩く。昔の職場のあたり、、、どんな風に変わっただろう。
おいしかったたこ焼きやさんがまだあったら、それも食べるつもりで別腹空けておいたのに、結局その辺りはすっかり様変わりしていて、時間の流れを実感することとなった。そうだよなぁ、もう何年も経ってるもんなぁ…。
結構歩いて梅田まで辿り着いたら、しばしお茶休憩。サンダルにこすれて、足の小指がいつのまにか血まみれになっていた。アワワ(笑)
バンドエイドして、あとは新大阪から帰路につく。広島駅にはT画伯がお迎えにきてくれていた。歩き疲れていたので有難かった。
家で9と坂本さんの顔を見て、更にホッと安心。みんな元気でいてくれてありがとーー。

2007年8月15日(水)

昨日のお昼はT画伯の親戚のお盆の集まりに行ってきた。去年妹が結婚して、T画伯の父方のいとこ達は全員既婚者となり、その子供たちが元気に走り回ってとても賑やかだ。
そして、その妹も妊娠5ヶ月、来年にはT画伯もおじさんとなって、ニヤケて赤子をあやしているだろう。
夜は両親、妹夫妻、我々の6人で、庭で秋刀魚の炭火焼きとBBQ。
赤ちゃんの名前の話題で盛り上がった。いろいろ考えてもひとつだけ。生まれた時にその子にピッタリの、運命的な名前となるのだろう。
もうそれ以外は考えられないという風なピッタリの名前…。

それにしても、連日本当に暑い!雨もしばらく降ってないし…。画像は涼しげな桃アイスのヨーグルトドリンク。
えっと、、、ずいぶん前に福屋広島駅前店のカフェで食べた時のもの。

2007年8月13日(月)

11日、福岡のYahooドームであった4年に一度のドリカム、ワンダーランド。思えば初めてT画伯に誘われて行ったライブも8年前のこのドームだった。車で現地入りして渋滞で開演に間に合いそうになくて駐車場から必死で走った。開演が遅れていて間に合い、感激で外に出たら急などしゃぶりの雨…。ライブ帰りの人は皆、傘もなくてまた屋根のある場所を求めて走ったんだった(笑)。
今回の席はアリーナの後ろの方だったので近くで見るのは叶わないとわかっていたけど、超ラッキーなことに途中の「Love、love、love 何度でも」の時に突然後ろのステージにドリの二人が現れた!表情も肉眼でバッチリわかる接近モード!T画伯は後で「まささんと目があった」と言い張っていた(笑)。
ライブは3時間半もあり、全員で歌ったり踊ったり。練習用DVDでしっかり予習していたわたしは、オンチもなんのその、大声上げて美和ちゃんと一緒に歌ったのだった!

 

さて、せっかく福岡にきたのだから、博多ラーメンと夜の屋台めぐりはもうひとつの楽しみ。今回は新幹線の旅。
福岡の街はちょこまか移動する旅人にも優しくて、100円循環バスや、地下鉄の隣駅キップ100円など、便利な公共機関をたっぷり活用させてもらった。お昼は天神にあるラーメン「一蘭」を目指す。
一人ずつ仕切りのあるカウンターで食べるらしく、どんな風になっているのか興味深々だ。そしてとうとう、細い通路を通って席に着いた。おぉっと!食べ物やさんでこんな眺めとは…。





前に来た店員さんの顔はわざと見えないようになっているし、事前に食券を購入するシステムで言葉を発することもなく…。ラーメンが運ばれたら、赤いのれんは下まで下ろされて、本当に視界が遮られ心ゆくまでラーメンに集中し味わえるように配慮されているのだった。わたしはこの感じ、結構好きだなぁ。他の食べ物なら別だけど、ラーメンは伸びるからゆっくり食べるものではないし、会話がなくても全然オッケーだもんね。
T画伯はというと、落ち着くけどなんだか悪いことしてるみたいな気になる、との感想だった。ははは。

夜は屋台を2軒はしごした。昼間はうだるような暑さだったけれど、夜には風が出て気持ち良かった。こんな夜はめずらしいそうな。T画伯はいつものように芋焼酎、わたしは羽目をはずして次の日を台無しにしないようビールだけにしておいた(汗)。

2007年8月

ずっと、HPが更新できなくてごめんなさい。
やっと閲覧と更新が出来るようになりました。

9も、坂本さんもとーっても元気です。
今年は坂本さんもトラ刈りを免れて、堂々としたもんです!また坂本さんの写真もいずれ…。

 HOME                  ←古い日記          新しい日記→