HOME        ←古い日記          新しい日記

2005年11月26日(土)

今週、めずらしく残業が多かった。他部署のヘルプで入った仕事で細かい文字や数字のチェック。文字校正みたいに原稿と作成資料の間違いを指摘すればいいというものではないので結構神経を使います。こういう仕事は決して嫌いではないのだけれど、ヘルプだけに全体が把握できない。先が見えずに延々と作業するのみ。金曜日、半端なところで時間切れだったから休日出勤の依頼もあるかと思ったけど、とりあえず無くて良かった♪
目がお疲れモードの時、わたしが頼るのは「キューピーコーワ i (アイ)」。回し者じゃないけど、なんか即効性があるような気がします。
そういえば今、会社で「セサミンEプラス」というサプリが流行っている。ごまの凝縮パワーがすごい効能らしいのです。とりあえずわたしはCQ10とセサミンEが配合されたのを試しに一個買ってみて今飲んでます。
飲み始めて数日、、、効き目はそんなにすぐにはわからないです(笑)。

2005年11月20日(日)

今日一日はお出かけなしで、家でテレビ三昧。日本で開催されているバレーボールの大会、ワールドグランドチャンピオンズカップを撮りためたのを数試合分いっきに見ました。
女子バレーはわたしの一番好きなスポーツ。美しさと強さとチームワークの素晴らしさにあふれていて、見ていて本当に感動です!
残念ながらいいところまで行ってあと一歩で強国に及ばない全日本なのですが…。
一度でいいから女子バレーの選手に囲まれてみたいとひそかに思うこの頃です。
この画像は9の子供時代。ネズミのおもちゃにアッターック!

2005年11月19日(土)

金曜から日曜日まで、市中心部にある胡子神社では胡子大祭(えびす講)通称「えべっさん」で賑わっています。大阪出身のわたしはえべっさんと言うと新年あけてからすぐの「十日戎」しか知らなかったので、この時期にお祭りがあるのは意外な感じでしたが。
それと知らずに街に出て屋台と人の多さにちょっとびっくり。
人ごみの嫌いなT画伯だからお祭りなんか興味ないと思っていたら、商売の神様となると話は別らしく屋台の店先に並ぶ縁起物の熊手を見て買いたいと言い出しました。
ここ一年くらい素人ながら株をかじって、ちょっと調子が良くなってきたところでとうとう神頼みでご利益を頂こうということらしい。
神社の前あたりの屋台にはカラフルな熊手が所狭しと並んでいて、売り子さんたちの呼び声と人ごみですごい活気。一番小さいので三千円。画伯はお財布と相談して五千円の熊手を購入。神社でご祈祷料千円を払って無事祈願を済ませました。
わたしは自分のお賽銭を投げ入れて祈願、それからおみくじをひきました。おみくじには当たり番号があらかじめいくつか決まっていて、わたしがひいた四番は当たり〜。当たり鐘を鳴らしてミニ小判を頂きました。やったー!なんかいい気分♪
おみくじは「吉」これからますます運気上昇ってことなんだ〜。
画像は熊手にパンチを喰わせようと構える9。このフトドキもの〜!
だけど偶然、招き猫にも見えるよね。案外いい構図かも(笑)。

2005年11月14日(月)


土曜日からT画伯の実家に帰り、日曜はそのままおばあちゃん家まで行ってきました。急に訪ねたのにもかかわらず、大喜びで迎えてくれたおじいちゃん、おばあちゃん。庭の野菜や柿をたーっぷりお土産に持たせてくれました。二人では食べきれないのでお隣さんにもおすそ分け。我が家でも豚しゃぶ、鶏団子鍋と二日続けて鍋にしました。新鮮な野菜がおいしいのでまだまだ鍋でもいけそう♪
画像はまだこの世に生まれて数ヶ月の坂本さん。お仕事の「食う寝る」実践中。
お腹がプクッとふくれてカッパみたい・・・。この可愛いポンポコ腹が、ほんの2年後こんなどてっ腹になるとは予想だにしなかった(笑)【ページ一番下参照】。

2005年11月10日(木)

今日は広島を離れて静岡へ転勤する男子社員の送別会でした。この機に同棲という形で故郷の彼女を連れていくそうです。昔なら(親とか世間の手前)この機に結婚、、だったんだけどなぁ。選択肢が多いというのはいいもんですね。お得なのはわたし世代かな。両方を見て、どっちにでもなれるから(笑)。

2005年11月06日(日)

憧れていた温泉地、湯布院へついに一泊で行ってきました。急に思い立ってネット検索したら奇跡的にホテルに空きがあったので即申し込み!

晴れの一日目は別府観光です。「ようこそ地獄へ」のキャッチフレーズで鬼が迎える有名な地獄めぐり。7つの地獄をすべて制覇しました。修学旅行で来ているはずだけどこんなんだったかなぁ。当時は観光よりおしゃべりに夢中で覚えているわけないか(笑)。
インパクト強かったのはやっぱり画像の「血の池地獄」。お隣に位置する龍巻地獄の間欠泉が吹き上げる時間帯に行ったので観光客は皆そちらへ行ってしまって血の池地獄はわたし達だけ…。なんとも不気味な雰囲気でした(一瞬だけだったけど)。

わたしのお気に入りは「海地獄」。コバルトブルーで時に濃くなったり色の変化があるそうです。そして敷地内には極楽に紛れ込んだような広くて美しい蓮池があって、今が季節なのか白、赤、紫、黄色…様々な色の蓮の花を見ることが出来ました。

この後は予定時刻を少しオーバーしたので鶴見岳ロープーウェイはあきらめてホテルへ。
宿泊は「四季ホテル」。落ち着いた洋風ホテルで、料理もサービスも申し分なく大満足でした。お風呂は貸切りの露天風呂が7つ。よそのお客さんを気にしないでいいので本当にゆったり感が味わえます。次の日が朝から雨で湯布院の町を散策するのは諦めて、ホテルでのんびり読書と朝風呂…。チェックアウトが11:00だから時間はタップリありました。

朝食後のデザートは昨日買った地獄蒸焼プリン。一個300円でボリューム満点。味もgood!
購入時に「無添加だから必ず一時間以内に食べてください」と言われたけど、そんなこと無視してホテルの冷蔵庫に一晩寝かせてました(笑)。(夕食後はお腹一杯で入らなかった!)
再訪の時はこのプリンも欠かさず食べようっと♪

2005年11月03日(木)


先週末はT画伯の両親が我が家に初めて泊まりにきました。日頃帰省するのはもっぱら我々なので今回は是非広島でおいしいものを食べてもらおうと、画伯推薦の関西風スキヤキを食べさせるお店に繰り出したのでした。
鍋を囲んでいるとついつい昔話に花が咲き、両親まじえての暴露大会。子供の頃の悪ガキぶりやら、今だから言える裏事情などなど…とにかくノリのいい画伯の両親なのでありました(笑)。
家に帰ると臆病な9は押し入れに隠れてばかりでちっとも顔を見せません。でもこんな時に大活躍なのがおっとりのっそりの坂本さん!猫好きの両親にかわりばんこに抱っこされて大人気でした。抱き甲斐のある8キロ強!?こんな感じです。

   HOME        ←古い日記          新しい日記