HOME       ←古い日記へ    新しい日記へ→

2005年9月28日(水)

日曜日に劇場で「シンデレラマン」を観た。今月中で期限切れになってしまうサービススタンプ(映画チケット購入時に押してくれる)があと一個で満杯になるので、せっかくだから何か観ようと適当に決めた作品だった。実は主演のラッセル・クロウの顔が苦手なのだけど、このボクサー役はとても良かった!
T画伯も超感動の様子で「すごい泣けた。一人で見てたら声出して泣いてたかも…。」だって。わたしは少し涙が出た程度だったんだけどまさか隣で大泣きしてるとは知らなかった。ごまかすのがうまーい(笑)。
そして昨日は例の無料券で「チャーリーとチョコレート工場」のレイトショーへ。ヨン様ファンじゃないわたしも、ひそかに「四月の雪」は観てみたかったんだけどさすがにT画伯のオッケーはもらえそうになかったので選択肢から外した(笑)。

2005年9月21日(水)

連休中、T画伯と秋の味覚を味わう旅にでかけた。といっても車で2時間弱。思いっきり近場だけど、「栗ひろい」と温泉宿がパックなのに惹かれて申し込んだ。
宿が取れたので浮かれて「栗、フォー!」などとはしゃいでいたら、出発前日になって宿の方から「栗はまだ拾えないので他の果実狩りに変更してください。」と言われた…。
結局ぶどう狩りになったので憧れの栗ひろいはおあずけです。

2005年9月20日(火)

久々に9の画像。顔がぽっちゃりして見えるけど…軽くヤバイ!?(笑)
治療食の坂本さんとは一緒に食事をあげられないので、別室特別待遇です。
少食だとばかり思っていたけど、身につくタイプかしらね。

2005年9月12日(月)

義妹が贈ってくれた誕生日のお祝いです。
くすんだピンク色と大胆な花のデザインはとってもわたし好み!ありがと〜♪
実は人へのプレゼント選びが苦手なわたし。自分の選択が相手の好みと違って迷惑だったらどうしよう、なんて悩みすぎてしまってグッタリ…。だからこういう感性ピッタリのプレゼントを選ぶ才能ってすご〜くうらやましいのです〜。普段から色んなものを沢山見て目を養っておくことが秘訣なのかな。

2005年9月4日(日)

マンホール3連発〜!
これ、T画伯の実家の両親と妹が今年の初夏の北海道旅行で撮影してきてくれたものです。
なかなかパソコンに取り込めなくてこんなに日数が過ぎてからの登場となってしまいましたが…。



阿寒町は言えば阿寒湖で有名な所。すずらんもタンチョウ鶴も有名なんですね。





一度も訪れたことのない北海道。広い大地を是非この眼で見てみたいという憧れが更に大きく膨らみます。

2005年9月3日(土)

今日は誕生日&結婚記念日。
T画伯が二人の間では思い出のイタリアンのお店を予約してくれていた。
なぜ思い出かというと、結婚前に偶然入っただけのお店でたまたま注文した「ポルチーニ茸のリゾット」が素晴らしくおいしかった。感動したT画伯がカウンターから顔が見えていた料理人さんに「どうやったらこんなのが作れるんですか?」って尋ねたら、どういう訳か「作り方教えましょうか?」と気さくに言ってくださって…。なんとT画伯はその時そのまま厨房に入り、レシピと作りかたを詳細に教わったのだった。
一人暮らしのとき簡単な料理はちょこっとしてたT画伯だけど、専門知識はゼロに近い。
その料理人さんは多分三十代後半?メチャメチャ男前で渋さあふれる職人肌風。作り方を聞いてくるくらいだからその道の勉強をしてるのだと勘違いして教えると言ってくれたのだったら、ガックリくるだろう。本格イタメシ屋さんの厨房で物を壊しでもしたらどうしよう〜とわたしは内心ヒヤヒヤしていた。
しかし興奮気味で席に帰ってきたT画伯は「今度作ってみる」と上機嫌だったのだ。
そして後日、大阪の道具筋で買ったにアルミのフライパンを使って、乾燥ポルチーニ茸も買って、画伯作「ポルチーニ茸のリゾット」をごちそうしてくれたのだった。お店と同じ味というわけにはいかなかったけれど、かなり近い味のが出来ておいしかった。

そんなお店での記念日のディナーは大満足♪この4年間、お互い健康で平和で過ごせたことに感謝。ケンカしたときに仲直りのきっかけを作ってくれる坂本さんと9にも感謝〜。猫たちの前ではいつまでも不機嫌でいられないのであった(笑)。
この日もメニューにリクエストした「ポルチーニ茸のリゾット」は本当においしかった。画像の出来がイマイチなので代わりにお祝いメッセージ付きデザートを載せてみました。

2005年9月2日(金)

会社帰り、今年入社した社員の女の子とアジアンカフェに行ってきた。
スィーツの種類が豊富なお店で、ホントはそちらの画像を載せたかったんだけど、食べるのとおしゃべりに夢中で撮影を忘れてしまった…。
話の内容は、彼女をとりまく人間関係…というか恋愛模様中心。いろいろと悩める年代なのだ。わかるわかる。
若者に悩むなというのは無理な話…。どんどん前向きに悩めばいいと思う。

プラス思考、マイナス思考というけれど、言うほど簡単に切り替えできないときがある。
どうしても否定的な考え方がぬぐえない時、先日とある本に書いてあった方法は、それを思いつくまま紙に書く。もういいと思えるまでひたすら書く。そして書いたら決して読み返さない。その後は紙を捨てるだか焼くだかするという方法だった。
最近は布団に入ったら1分とたたずに眠ってしまうので不眠の苦労もないけど、もうずーっと前のこと、会社の人間関係のことで眠れぬ夜が続いて本当に苦しかったことがあったからマイナス思考が連鎖反応するのは身をもって体験済み。もう二度とそんなことになりたくはないけど、ひょっとしての時にはこの方法を試してみる価値ありかも。

 HOME       ←古い日記へ    新しい日記へ→