HOME         ←古い日記へ      新しい日記へ→

2005年5月26日(木)

会社の机に「ねこめくりカレンダー」を置き、自分ちの猫の写真も貼っているのでわたしが猫を好きだということは会社でもまぁまぁ知られている。
ある日ちょっと離れた席で数人が盛り上がっているところへ名前を呼ばれて行ってみると…。お菓子メーカーのカバヤが発売している「なめ猫ガム」のおまけのなめ猫免許書が可愛いからきっとわたしが喜ぶと思って呼んでくれたのだった。
服を着せられている猫はちっとも可愛い表情じゃなくて窮屈そうなだけだ。この撮影は猫にとって辛いのだろうなと考えてしまう、、よね。猫好きな人は特に…。
だけどわたしがもっと凹んだ理由は、、、そんなことを思ったにも関わらずその場の空気を壊したくなくて「可愛いね〜」と言ってる自分がいたからだった。すると皆は更に盛り上がって、このカードを集めてわたしの机の横に貼ってくれた。あ゙〜。
まさか撮影方法が動物虐待なら世間が黙っていないだろう、きっとモデル猫達は大事に大事にされておいしいものを一杯もらってるんだ…。そう自分に言い聞かせて、納得しようとするんだけどやっぱり自分の意見をハッキリ言えなかったことへの苦い思いが残ってる…。
カバヤのHPでなめ猫の撮影法や猫と写真家のエピソードを読んで、本当に可愛がられている猫たちだとわかって心の動揺はちょっと収まったけど…。(心底ホッとしたのはこの猫たちが無理やり背筋を伸ばされてるのではなく、単に猫座りをしているだけだとわかったこと。)
TVではアニマルヒーロー特集として人間を救った犬やイルカ、大ヤケドをおいながらも我が子を救った母猫などの話をしていた。わたし自身の媚び体質に比べて何の損得感情も無く、なんて純粋な愛すべき彼ら!すべての命が癒えますように、と願わずにはいられない。

2005年5月16日(月)

週末はT画伯が泊まりで出掛け、久しぶりに一人きりでした。一人暮らし歴は長いので、どうして過ごせばさしてお金もかからず充足感が得られるか、を心得ております(笑)。わたしの場合は図書館と大きいショッピングセンター(本屋、パン屋、輸入食材などが充実しているとなお嬉し♪)をウロウロすれば大満足で数時間はあっという間に過ぎていく…。
今回図書館で選んだ本は大好きなエリザベス・キューブラー・ロス博士の「死ぬ瞬間と臨死体験」。そして世界の民話を集めた「死と再生の物語」など。期待以上に面白かったのはコピーライター糸井重里さんと脳の研究者の対談を本にしたもの。ヒトの可能性って年齢に関係なく本当に無限なんだなぁって、勇気と元気が出る本でした。もちろんロス博士の本も何度読んでも感動、感動、です。

2005年5月11日(水)

  GWが終わってしまった。勤務先は7連休だったので実際には一週間くらいまえに終わっていたけどなんか脱力感が続いてる…。長期休みはやっぱり生活のリズムか狂ってしまうせい?また日常のリズムに戻って、ひいてしまった鼻風邪も早く治さなきゃ。


さてさてしっかり遊んだGW後半、T画伯の両親と彼の父方の祖母とで山口県を旅してきました。画像は本州側から「角島」を臨んだところ。お天気が良くて素晴らしいコバルトブルーの海が一面に広がっていました。角島は山口県の日本海側のもっとも西寄りのところ。立派な橋が出来て陸続きになっています。GWの観光客で橋の上も車が数珠繋ぎでした。(こんなカラフルな2階立てバスもいた。)
一旦島に渡ったものの、その先の灯台には行かずに引き返してしまいました。
海があまりにも美しかったので、いつかまた行こうと心に決めて…。

それからまた山口県をドライブしてその日の宿、湯野温泉「紅葉館」へ。
停年退職を迎えた義父へのお祝いと慰安を兼ねて旅行だったので夜には仕事を終えた義妹も合流し、宴会では花束やプレゼントの贈呈あり、余興ありで大いに盛り上がったのでした。
温泉は意外と人が少なくて露天風呂も人に気兼ねすることなくゆったり…。旅館の浴衣は女子はピンクの紅葉模様で、かわいくてゴキゲン♪着る前に撮影しておけば良かった(笑)。

翌日はAM6:00から温泉に入って、この日も仕事を休めない義妹を皆で見送ってから旅館の純和風朝ご飯。
旅先の朝ごはんって本当においしい♪
午前中に徳地町の「重源の郷」に寄り、園内に咲く花々を見ながら新緑の中を散歩しました。
今回の旅でT画伯のおばあちゃんと初めてゆっくりお話することが出来ました。看護婦としてずっと働いてきて、仕事を離れたのは72歳とのこと。歩んできた長い人生には多数のドラマがあったことでしょう。この旅で少しでも話を聞かせてもらえてとても良かったです。

2005年5月3日(火)

昨日の朝さっそく味見したパンだけど、最初に天然酵母パンを焼いたときほどの香ばしさと感動がなかった…。もちもち感があってそれなりにおいしいのだけれど、、、。
季節によっても条件によっても発酵時間が変ってくる天然酵母。まだまだ修行は続く…。

さて、後半に入ったGW。今日からT画伯の実家に人も猫も帰省です。一泊した後は家族全員で温泉へGO〜♪このときニャン達はお留守番なのだけど…、人間たちがおいしいもの食べてお湯にゆた〜りとは知る由もない…(笑)。
それにしてもキャットタワーの9、体が変な向きになってる、、、さすがのび〜る猫だ。

2005年5月1日(日)

出来上がりはかなりブサイクだけれど、久しぶりに天然酵母パンを焼いた。あまりに久しぶりなので本と首っ引きになりながら、計量して混ぜてこねて…。一次発酵がうまくいって生地が膨らんでくるのを見ながら、パン教室に通ってた頃をなつかしく思い出したりして…。
それにしてもあまりにも形がいびつで大きさもバラバラだなぁ。肝心の味の方は???
この天然酵母パンは一番シンプルだけど、焼きたてにバターをつけて食べると本当においしいの。明日の朝はさっそくお味見といこう〜♪
最近、低炭水化物ダイエットは休みに入ると途端にサボりまくってます(汗)。

   HOME         ←古い日記へ      新しい日記へ→