HOME      ←古い日記へ       新しい日記へ→   

2005年2月23日(水)

しばらく残業続きで日記をサボっていたのでちょっと週末を振り返って記します。
20日の日曜日、T画伯の従妹の結婚式がありました。仏前結婚式だったので、神前式の「三三九度」にあたる「式杯の儀」には画伯の妹が酌人の雌蝶を努めることになっていました。髪を結い振袖姿の義妹はとっても華やか。この頃は列席の友人達もドレスが主流で着物姿は一人もいませんでした。確かに着付けも髪も大変だけど和装の美しさは格別です。(本人に無断で画像載せちゃいましたが後ろ姿なので許してね〜)
雪もちらほら舞う寒い日でしたが、祝宴はつつがなくお開きとなったのであります。

2005年2月14日(月)

バレンタインデーの今日、オフィスの水面下では本命チョコも動いているのかな?
T画伯には「チョコいらない」と念押しされていたし、会社では義理チョコするとホワイトデーに気をつかわれるのが嫌でずいぶん前から義理チョコは贈っていない。…というわけで今年のバレンタインはすっかり他人事でした。
ご近所の庭に咲く黄色い梅の花。夜に通るとふわぁ〜っといい香りがするのです。

2005年2月13日(日)

三連休をダラダラと家の中でばかり過ごしていては勿体ないので、中日の昨日は遠出することにしました。わたしもT画伯も食べることが大好きなので、以前から気になっていた広島県比婆郡の名物、比婆牛ステーキを現地まで食べに行くことにしました。途中から高速道路利用して往路3時間、道の駅「遊YOUサロン東城」についたのは午後5時近く。道の駅の中にあるステーキレストラン「雄橋」では極上の比婆牛をシェフが目の前で焼いてくれるという。コースは最低でも4千円から。T画伯は目の前で焼いてくれるというパフォーマンスと高級感に憧れていたのでワクワクでした。
隣のレストランではステーキフェアを開催中で、比婆牛のコースが2千円で味わえると書いてありましたが、画伯は「雄橋」めざしてやってきたのでここで心は揺らぎません。
道の駅内にあるせいかラストオーダーが午後6時というレストランにあるまじき営業時間なので、午後5時時点で客はわたし達のみ。入ってみるとどうやら「雄橋」と隣のレストランは厨房が同じようでしたが…(笑)。とにかく出されたステーキは本当に溶ろけるようなおいしさでした。上は画伯のオーダー、ロース200gのステーキ。下はわたしのヒレ150gです。担当のシェフもサービスのお姉さまもとても感じが良かったので満足度
はさらにUP。食後はリフレッシュ東城温泉で体を温めたので、外気温がマイナス1℃でも帰路の約2時間半は愛車をオープンにしてのドライブ〜♪冬の夜空は空気が澄んで普段は見れない星空も楽しめたのでした。(ホントはちょっと寒かったけどね(笑))

2005年2月8日(火)

もともと不思議な話が大好きでした。UFOの話も興味津々だったし、超能力者というのは絶対存在すると思ってます。人間のオーラカラーも見れるようになったら楽しいだろうなぁ。
退化している人間の第六感を鍛えればもっともっと敏感に研ぎ澄まされていくのだと思います。
ずいぶん前のことですが、わたし自身のちょっとした不思議体験…。ある日本屋で一冊の本を何気なく手にとり、最初に開いたそのページ(一頁めということではなく、真ン中あたりを適当に開いたってことです)にたまたま自分のファーストネームを見つけました。特にめずらしい名前でもないので気にとめた程度だったのですが…。その次に手にした本を最初に開いたページにもわたしの名前がありました。これも何気なく、中身も知らない本だったからちょっとビックリ。まさか次の本にも………?。こうなるとちょっと心臓が高鳴ってきます。
今度はちょっと怖々ながら意識して、だけど本は適当に選んで思い切って開いてみました。そしたらそこにもわたしの名前があったのです!!嘘みたいなホントの話です。
その時は驚いたと同時にかなり嬉しかったんです。超能力とかって絶対あると当時から思っていたから、自分の身にもとうとう起こったのかと思って。実際はその後特に超能力が身についたってわけでもないのですけど(笑)。ずっと忘れていたけど、なぜかふと思い出したこの出来事。ちょっと記してみました。

2005年2月6日(日)

これが昨日の日記に書いた、お義母さんから届いた荷物です。T画伯が食べた「とんこつベースのうまいカレー」も空箱だけど登場してます。「鳥肌のたつカレー」もどんな味かと楽しみ♪
いろんな種類の中から選ぶ自由があるってことはホントに幸せなことですね。スーパー巡りが大好きなわたしには一種類の食材だけを食べつづけるダイエットは出来そうにありません。新しいお菓子も気になるし、輸入製品のきれいなパッケージを見ているだけで楽しい気分にさせてくれるし…。明日の夜はどのお菓子を食べようかなぁ。この画像を見てるだけでかなり幸せです!

2005年2月5日(土)

低炭水化物ダイエットの経過ですが…今で一ヶ月弱たちました。
T画伯の体重は―2.5キロ、体脂肪は―4%です。見た目にもお腹がへっこみました。
同僚たちと飲みに行ったりして、夜の食事制限時間(1時間以内に食べること)を守らないことが多いわりには着々と成果をあげている画伯。何がすごいってトイレに行く回数が増えたらしいのです。一日4回は普通に出るそうで、今までどれだけ老廃物をためてたんだか(笑)。本人もあまり出るのでびっくりしてます。
今までダイエットというものをしたことがないT画伯なので体が素直に反応するのかもしれません。しかも年齢もまだ若いし…(悔しいけれど)。
一方わたしは―2キロくらいをウロウロ…。体脂肪も劇的な変化はありません。だけど自分ではアゴやお腹、足などのお肉(=脂肪)がちょっとだけスッキリした気がします(←自己満足)。そして他にも変化がありました。長年の冷え性が治ったようなのです。今まではしょっちゅう手足の指先が冷えてなかなか温かくならなかったのに、最近はその冷えを感じなくなってるのです。冬の朝晩でも足が冷えないってホントに嬉しいことですね!ひょっとしてドロドロだった血液がサラサラになって末端までスムーズに流れるようになってくれたのかも。カロリーを制限する今までのダイエットとは根本的に違うけれど、わたしにはこの方があってるような気がします。

そんなダイエット中の我が家の今日の晩ご飯、T画伯はカツカレーを食べたのですが、なんとライスを一合も食べてしまいました。最近はわたしがご飯を一合だけ炊くようにしていたので、今日2合炊いたとは知らずに炊飯ジャーから半分のご飯をお皿によそって、それを半合だと思い込んでいたらしく、後で事実がわかってショックがってました。見た目の量で判断してよ〜。だけど食べ終わって大満足のようだったからいいでしょう。その後カラムーチョも食べてたし。ちなみにカレーはお義母さんがダンボールにいっぱい変りダネのレトルトカレーやお菓子などを詰めて宅急便で送ってくれた中にあったもの。他にもおもしろいカレーが入っていて、こんなのどこで買ったのだろう???とにかく、トンカツをプラスしたとはいえ既婚男性が晩ご飯にレトルトカレーはないでぇと思われるお方も多いかもしれませんが、、、。ボンカレーではないので笑って許してください。

2005年2月3日(木)

本当の節分の今日、帰りに寄ったスーパーの巻き寿司コーナーはカラッポだった。良かったよ〜、おととい食べておいて(笑)。とりあえず今日は豆を撒きました。撒いた豆を片付けるのが面倒なので袋からちょっとだけ出して、その袋を何気に電話の横に立てかけてたら忘れた頃に9に落とされて無残にも散乱…。うーむ、小鬼は家の中にいたか…。
最近も夜中にどどどーっと追いかけっこして大変だったのです。

2005年2月2日(水)

広島でも雪景色の朝が2日続きました。電車通勤の人はダイヤが乱れて大変だったみたいですが、徒歩のわたしは転んで骨折などしないように慎重に歩くだけ…。晴れた今日は山の上の雪がキラキラして爽快な気分になれました♪
昨日の2月1日。節分と間違えて帰りに巻き寿司を買って帰ったら、T画伯に大爆笑されました。だってだって、寿司コーナーに半額値札のついた巻き寿司がいつもより沢山あって、「節分には巻き寿司を食べましょう」みたいなチラシが貼ってあったのです。
あ、今日はこれ買わなきゃって思って鰻キュウ巻き(半額)をカゴに入れました。きっとその作戦に乗せられて買った客は大勢いるはず…。節分の日をハッキリ覚えてないわたしが悪いのだけど、なんとなく悔しい。まだ豆を巻く前に気づいて良かったとも言えるけど(笑)。明日は正真正銘の節分。気分も新たに一年をスタートします!

  HOME      ←古い日記へ       新しい日記へ→