2004年5月29日(日)

仕事で忙しい日が続いた。
帰る時間も遅くなりがちだけれどそういう時に限ってよけいに帰ってから何かに打ちこみたくなる。今回はこの前買いこんだビーズで本に載ってた簡単そうなアクセサリーに没頭。確実に完成に近づくのが嬉しい限り。仕事もこういう風だといいんだけどねぇ(笑)。
 写真が今回作成のラリエット。普通の丸ビーズのみを使って作れるし、金具は何もいらないので
 超初心者向け。今日のお出かけに着けてみたけど、無地のシャツも印象が変って大満足!

2004年5月24日(月)

紫陽花の季節。
この花びら、変り種でしょう?
雨の日もカラフルでかわいい。
紫陽花って感じにピッタリ。

2004年5月22日(土)

今日は大型手芸店をのんびり見て歩いた。
ひとつのビル全体がお店だから、扱う手芸用品の種類も多い。今日のお目当てはビーズだけれど、他のフロアも気になる。ちりめん人形もかわいいし、お手玉くらいなら作れそうだなぁ…。と冷やかし半分、本気半分。
見ているだけでどんどん幸せな気持ちになっていくのがわかる…ひょっとして趣味は手芸じゃなくて、頑張れば出来る(かもしれない)ことを発見することなのかな。

2004年5月20日(木)

雨の一日…。
梅雨入りってまだよね?
雨の日、濡れることと同じくらい傘を持って歩くことが煩わしい。
大人になってからズブ濡れで歩くということもないけど、今度やってみようかな。

2004年5月15日(土)

GWあたりから親知らずが痛みだした。
ずっと前に治療したところがまた虫歯になってきたのかも…。
基本的に我慢が嫌いなわたしはこういう時さっさと歯医者に行ってしまう。昔は歯医者といえば本当に痛かったけれど、今は麻酔技術向上のお陰か治療中の痛みはコントロールされ恐怖心は殆どないといってもいい。
逆に、医者が怖いとか面倒とかで限界まで我慢出来る人はすごいと思う。手遅れの分、結局もっと痛い目を見ることになってしまうよね。
考えただけでもイ、痛い…。


新しい土地での最初の歯医者選びは肝心だが、その点わたしはラッキーだったと思う。
引っ越して初めて歯のトラブルに見舞われた時、通勤途中にある数件の中からなんとなく選んだ歯科医院。インフォームド・コンセントをしっかりしてくれる若くて優しい感じの先生だった。
今回は既に上の親知らずがなくて噛み合せに問題のない場所だったので抜歯を選択した。

抜いた歯を記念にもらった。被せ物の隙間が数ヶ所虫歯になっていてこれじゃあ痛いわけだ…。歯茎に大きく開いた穴はレーザーで焼いてフタをしている状態。完全に傷が塞がるまでもうしばらくかかりそうだけど、熱が出たり血が止まらなくて大事になることもなさそう。
痛みからの解放は本当に嬉しい!

2004年5月14日(金)

今日は女子バレーの対韓国戦だった。
スポーツ観戦が特に好きでないわたしもバレーだけは例外で開幕中はTVに釘付けとなっている。
ここまで来るのにどんなに苦しい練習を重ねたのだろう。代表に選ばれるのに流した汗や涙の量もわたしのような凡人の想像を絶するに違いない。
今日、アテネ行きが決まった選手たちの嬉し涙にもらい泣き…。

2004年5月3日(月)

これまで髪を染めたことは一度もないT画伯。
何を思ったかGW前に突然金髪宣言をした。連休中だけの遊びらしい。酔っ払った夜、説明書もキチンと読まずに一時間も薬液を放置したらこんな色に…。
しかも今日になって「一液」と書かれたチューブが新品のまま物陰から出てきた。中身が足りないと騒いでいたがこんなところに投げ出されていたとは…これ無しでよくも染まったものだと妙に感心。
テッペンあたりはおいしそうな色でなかなかお似合い。だけど昨日からの出勤にあわせて黒髪に戻った。

2004年5月1日(土)

親戚の結婚披露宴。
厳粛なチャペルでの挙式。神父様は外国の方だった。待ち時間の間にT画伯が外人なまりの日本語でオージービーフのCMの真似をして笑わせてきた。
もぉー、お子ちゃまなんだから!
だけどわたしもつられて笑ってしまう。。。
式が始まってもしばらく肩が震えてしまった。
夫婦も十組十色…。これからの長い道のりを手と手を取り合って末永くお幸せにね♪

  HOME     ←古い日記へ            新しい日へ→